E中学校サポート(11月17日)

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日はE中学校にサポートへ伺いました。

本日のサポート内容は,
・英語学習アプリについて
・アプリ「irohaNote」について
・アプリ「ShareWis」について
になります。

英語学習アプリに関しては,「ABC-アルファベット」「パパドリル+プラス えいたんご・ブロンズ上巻」の2つを紹介しました。
「ABC-アルファベット」は,アルファベットの書き練習と読み練習,アルファベットを使ったかるたゲームを行うことができます。単純に書いて覚えるだけでなく,ゲーム性を使ってモチベーションを保ちながら学習できるアプリだと思います。
「パパドリル+プラス えいたんご・ブロンズ上巻」は,あいさつや果物といったテーマ単位で,リスニング,スピーキング,ライティングの学習を行うことができます。様々な方法で単語を学習することができるので,知識を定着させやすいと思います。ただし,無料版では学習できる範囲が「Lesson5」までと決まっています。

アプリ「irohaNote」に関しては,アプリの標準的な使い方について紹介しました。
リーフと呼ばれるアイテム(マインドマップでいうトピック)を使ってマインドマップを作成していくアプリです。リーフの作成はタイトルと内容を書き込むというシンプルなものですが,画面の切り替わりが多い印象があります。ただし,子どもによっては通常のマインドマップのように思考の流れが可視化できる方が良い場合やまずトピックをたくさん出したいといった場合に別れると思うので,子どもに応じて使い分けるといいかもしれません。

アプリ「ShareWis」に関しては,どういったコンテンツがあるのかを紹介しました。
教育現場でも利用できるのではないかということでしたが,取り扱っている内容が高校大学レベル,ビジネスレベルと高度であり,通級指導で扱うことは難しいのではないかということでした。

他にも紹介していただけたアプリがあるので,ブログで紹介していきたいと思います。

次回のサポートに関しては,
・英語学習アプリの紹介
・語彙が増やせるクロスワードアプリの紹介
・文章力を鍛えることができるアプリの紹介
になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1253

コメントする

タグクラウド

このブログ記事について

このページは、ayumuが2014年11月17日 15:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「活用事例について」です。

次のブログ記事は「こんなフリーキックはイヤだ 〜集中力と器用な指先が必要なアプリ〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。