<活用事例1>こんなフリーキックはイヤだ

| コメント(0) | トラックバック(0)
freekick.png

サポート先4校の通級指導教室で集中力を高める教材として扱われていました。対象はADHDの子どもが対象になります。ゴール前に忍者が隠れていたり力士が四股を踏んでいたりする様々なステージが用意されています。その状況を把握してシュートをすぐに打つべきか,じっと我慢してタイミングを見るかといった判断が必要になり,集中して取り組むことができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1265

コメントする

タグクラウド

このブログ記事について

このページは、ayumuが2014年11月18日 12:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんなフリーキックはイヤだ 〜集中力と器用な指先が必要なアプリ〜」です。

次のブログ記事は「<活用事例2>こんなフリーキックはイヤだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。