SimpleMind+ 〜シンプルデザインのマインドマップアプリ〜

| コメント(0) | トラックバック(0)
SimpleMind+

simplemind.png

<アプリ概要・使用方法>
デザイン性がシンプルなマインドマップアプリです。
価格は無料で,iOSのみ対応しています。
使用方法として,画面上部にエディタがあり,エディタ下の作業領域でマインドマップを作成します。
「マインドマップ」のテキストの隣にあるアイコンから,マインドマップの新規作成になります。中央にテーマとなるトピック(マインドマップの項目)が作成されるので,テーマを入力します。トピックをタップすると,操作メニューが表示され,「トピック作成」(テーマより下位レベルのトピックを作成する)「メモ編集」(トピックごとにメモを作成する)「コピー/切り取り/貼り付け」(選択したトピック以下をまとめて操作する)「収納」(選択したトピック以下を隠す)といった機能を選択することができます。また,テーマ以外のトピックでは,同レベルのトピックを作成する機能もあります。
画面上部にあるエディタでは,「マインドマップのリスト表示」「マインドマップの新規作成」「操作を元に戻す/やり直す」「トピックの消去/作成/挿入」「兄弟トピックの作成」「専用アプリでの共有」「スタイルの選択」といった機能を扱うことができます。

<活用提案>
このアプリは,小中学校国語における作文を書く際に推論する,語彙を深める補助教材として扱うことができると思います。通級指導では,LD(推論)の子どもが対象になると思います。マインドマップで考えをひとつひとつ整理していくことで,土台となる考えを残しながら考えをより深めていくことができると思います。また,テーマとなるトピックから思い浮かぶ言葉をつなげていくことで,言葉の広がりを視覚的にとらえつつ語彙を深めることができます。全体的なデザインや機能がシンプルなので,子どもでも使いやすいと思います。

<注意事項>
低学年の子どもではマインドマップの概念を理解できない場合があるので,高学年向きだと思います。

<SimpleMind+を紹介しているサイト>






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1248

コメントする

タグクラウド

このブログ記事について

このページは、ayumuが2014年11月13日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイピングHi フリック練習 Free 〜語彙が広がるタイピングアプリ〜」です。

次のブログ記事は「<活用事例1>SimpleMind+ 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。