鵜川研究室 J3佐竹 史のブログです★ よろしくおねがいします。

2012年8月アーカイブ

こんにちは。もう8月も終わってしまいますね(´・ω・`)
今週のゼミは金曜日に変更になったため、特別支援の教育実習のオリエンテーションがかぶってしまい参加できません;;申し訳ないです。

火曜日にボランティアには行ったのですが、教材を行う時間がありませんでした(;o;)
今回作成した教材はPowerPointを使っています。
理由は先週の金曜日に久しぶりにボランティアに行ったのですが、対象児がPowerPointでも興味を持って取り組むようになったからです。
教師が簡単に作成できるPowerPointでどんな工夫ができるのか、どのようなアニメーションなどをつけると興味をひくことができるのかなどを調べながら作成できたらいいなと思います。

すいか割りの方ですが、卒論を書いていく事を考えた時に今回は先生にインターフェイスを作成していただきましたが、
cgiについて理解して、インターフェイスをどのようにWebで動かしているのか分かるようになってマニュアルにも入れられたらいいなと考えています。
今日はmiでファイルをtest.cgiで保存して、ターミナルでchmod 755 test.cgiで実行権を与えてブラウザでhello worldは出せるようになりました。
未来さん、福地さんありがとうございました;;
あと何をすればいいのかを来週学ぼうと思います。





週末は面接受けてきましたヽ(;▽;)ノ怖かったです(๑¯ω¯๑)←

先週のゼミでは
マニュアルをもっとしっかり作る
 1.ターゲットを絞る
  子供たちにすいか割りをさせる教員(情報機器に詳しい方だけではない)
 2.作り方のデザインを学ぶ
  過去の論文などを参考にしていく。
 3.目次をつくる
 4.どのような背景でこれを作ったのかを説明する
時間をかけてデザインや言葉を考えながら、見た人が理解できるものを作成していこうと思います。

クイズキットを探してみたりしながらヒントを見つけて行く。
 先週はFlashで作成したいとこだわってしまいましたが、自分が作りたいものはどんなものなのか伝えていくうちに、外のものからやり方を学ぶことも大切ではないかとご指摘いただきました。
 検索してもなかなか自分が思うようなものが見つからなかったのですが、
このサイトで簡単に作成できるということで、作成してみました。
会員登録していないので1ヶ月で削除されてしまいますが、
自分で作ったJPG画像を取り込むこともでき簡単に入力式問題や選択問題を作成することができました。
これを参考にしながらFlashのやり方を学べたらいいのですが...
明日のボランティアで使える時間があったら解いてもらおうかなと思います!!

スタークイズ
は無料版を使っていたのですが、今日シリアル番号を頂いて使えるようにしました。
音声の付け方さえ理解できてません;;
 


今日はゼミ時間変更していただいてありがとうございます(。•́︿•̀。)
昨日Y先生のレポートを提出してきました!!3人で研究室に拝んできたので、これが大学生活最後のレポートになったと思いますヽ(●´∀`●)ノ


今週はまずすいか割りの説明やインターフェイスへリンクできるようにページをまとめました。
説明はワードを使ってスクリーンショットや写真を入れて作りました。


Flashはなかなか理解できていません(T_T)
先生からmetaio
というものを教えていただきました。
FlashのActionScriptで実行するようです。
まだ存在を知ったばかりなのでこれから触れていきたいなと思います。

なんだかとっても久しぶりなブログな気がします。
教採の筆記の方が終わりました。
席替えをして、研究室も広くなりましたねヽ(´∀`)ノ

すいか割り
武藤先生に子供たちからの感想をいただきました。それをスキャンしてWordで感想と要望を表にしてまとめました。
その他には、しょうがい学生支援室の方々と行ったすいか割りについてのまとめ、ヘッドマウントディスプレイの使い方の説明書(的なもの?)をさくせいしました。
その中の要望で情報を送る画面と受け取る画面を同時に表示したらいいのではないかという意見があり、DWを使って画面を半分にして表示するようにしました。スマートフォンでは使えませんが、iPadでは使えます。


教材作成
PowerPointでは対象児の興味をひくことができなかったので、もう少しアニメーションがつけられるようなものを作りたいなと考えています。
すごろくみたいな感じで2択の問題を解くようなものができたらいいなと思うのですが...
ということで、最初はVisual Basicに挑戦してみました。
計算を行ったり、質問に答えてもらって返答したりすることはできましたが、アニメーションを動かすものとは違うということに気が付きました。
Visual BasicのWindowsフォームアプリケーションやFlashで教材作成できるかな?と考えているところです。
夏休みでアニメーションが使える教材を作れるものを使えうようになりたいと思います。

すいか割りを実際にやっていて、要望の中に情報を受け取る画面と送る画面が一緒に見られると良いという意見がありました。
スマートフォンでは使うことは難しいですが、iPadでは使うことができるのではないかと思い、作成してみました。
DWでフレームを作るHTMLをを打ち込み、サーバーのchikaのファイルに保存しました。


下はiPadで使ったところです。
suikabunnkatu.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。