12/9

| コメント(0) | トラックバック(0)

ベネッセのタブレット教材

ベネッセのタブレット教材「チャレンジタッチ」の特徴は以下の通りである。

 

l   4教科分(小学校)の教材がある

l   ゲーム感覚で勉強できる教材

l   レベル分けされていて、自分のレベルに合わせて勉強できる

l   学習の進捗度が親にメールで通知される

l   有料

l   紙とタブレット教材両方で勉強できる

l   音声教材や動画教材もある

 

 ベネッセの教材の最大の特徴としては、タブレットの動画教材や音声教材、ゲーム感覚で出来る教材の質が高いということです。また、自分の間違った問題の履歴などが取られ、苦手な問題を積極的に出題する仕様などがあり、個人の勉強がサポートされる仕組みがたくさんある。しかし、有料であるため誰でも気軽に使えるというものではない。

 

勉強サプリ

 リクルートマーケティングパートナーズのネット教材「勉強サプリ」の特徴は以下の通りである。

 

l   動画教材がメインである

l   動画教材の授業者は一流の教育者

l   有料である

l   勉強することでポイントが貯まり、遊べる仕組みがある

l   勉強時間を自分で計画して進めるためのシステムがある

 

 勉強サプリでは動画教材がメインで、一流の講師陣の授業を受けた上で、サイトにある解説を読んだり、テストを受けたりして知識の定着を図っていくという仕組みになっている。また、勉強することで自分のアバターの着せ替えが行えるようになったり、自分のモンスターを育てたりすることができる。これは、スマートフォンゲームの普及を上手く活用して児童のやる気を引き出す仕組みとなっている。しかし、この教材も有料であるため簡単に使うことができない。

 

総括

 様々なネット教材があるが、どれも質の高いものは企業が作ったものであり、有料である。また、企業と家庭との契約で教材が使えるためそこに教員が関わっていき学校現場での教育に活かすことはとても難しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1628

コメントする

このブログ記事について

このページは、一騎が2015年12月 9日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12/7 ゼミ」です。

次のブログ記事は「12/14」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。