2015年6月アーカイブ

OCに向けて
 フットセンサ部
  進展なし

 音の出る部分
  MIDIの解読に1週間まるまる消費
  音が出るようになった

 今後の展望
  フットスイッチで音が出るように(今週中)
  ProcessingとArduinoの連携(来週もかけて)
  MakeyMakey を使えれば使って楽に
  センサ・音部分とプロジェクション部分の分担
OC・大学祭に向けて
フットセンサー部
 実際にノイズ無しで反応する部分を板にマッピング
 一番太い部分・・・20cm
 30cm間隔で8台設置する予定。
 まず2,3台設置して実験する。

音の出る部分
 eVY1・・・手持ちのMIDI音源
 音の再生のためのプログラムを書いている

プロジェクタ部
 画像処理をやりたいというオーケストラの子が参加。
 たまに顔を出して手伝ってくれるとのこと

ArduinoとProcessingの連携
 参考サイト:ArduinoとProcessingを接続する - yoppa.org
 http://yoppa.org/tau_bmaw13/4772.html

 今回、Processing2を使用予定なのでライブラリ使用ではなく、
 シリアル通信で行うことに
 
ピアノ階段 Processing
ピアノ階段について
Processingを用いてやってみる
今週はベクター画像の表示

課題
この先おそらくコードが煩雑化
オブジェクト指向型で記述したほうが良さそう
リーダブルコードを読みつつ、オブジェクト指向に慣れる

最低限
・Arduinoで音を鳴らす(音源で音がなるように)
・それにともなってセンサの分解能、設置方法なども
修論
最近OC準備で使用しているProcessingというソフトが教育に使えそう。

Processing
・割と簡単に図形が描けるIDE
・言語はJava
・プログラミングした結果が目で見える、聞こえる(最初からかなりできた気になれる)
・ある程度参考書があり、ネット上の情報も豊富

もしかしたらプログラミング教育に使えるかもしれない
OCの準備のついでにProcessingを使ってみる

OC・学祭
Processingを用いてプロジェクションをする
現在Processingを用いて行いたいこと
・四角い枠(ピアノの鍵盤)を表示
・イベントで光る(明るくなる)そしてだんだん暗く
// 以上、来週までにやる

Processingでこれが実行できた後、
Arduino IDEと連携をとり、踏んだら実行されるようにする。
(ここまでくれば一応の完成とする予定。エフェクト等適宜入れたい)

他に考えられる映像表示方法として聞いたもの
jqPlot(jQuery)
D3.js
SVG(HTML5)

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12