2015年9月アーカイブ

CentOS 6.7 64bit

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0 を直してもネットがつながらない。
どうやらMACアドレスが前のボードのやつだから使えんらしい。
ってかマシン変わってんのによく動くな。Centさんすげぇ。

解決法

#vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

HWADDRをifconfigで見たものに書き換える

#service network restart

ってすると
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization
ってエラーが。
eth0がないとな。
オンボードだからそんなはずはない。

ggると、そのまんまのページが。

Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization が表示された際の対応
参考に(丸パクリ)した

#vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

この中に、前のMACアドレスが書いてある行があった。
NAMEがeth0と書いてある。
前のマシンのMACアドレスだろう。

消したうえで、このマシンのMACアドレスの行のNAMEをeth1からeth0に直す。

これでrebootして完了。
問題なく動作。

何でも動くんだな...と思った。
前回のセミナー!
プログラミング教育教材の発掘
S4A(Scratch for Arduino)を使って

プログラムを作ってみました
ボタン式信号機
スクリーンショット 2015-09-24 16.02.00.png

踏切
スクリーンショット 2015-09-24 16.00.13.png

次回のセミナー!
他に似たような教材は?
調査してみる。
前回のセミナー
プログラミング教育教材の発掘
動くもの - わかりやすい
Arduino - 使いやすい
これを兼ね備えたものを探してみる

Scrattino
ScratchとArduinoの合わせ技
ArduinoのプログラムをScratchで置き換えたもの
・やってみて
 セッティングが難しい
 結局通信できず断念
 もう少し継続
Arduinoを用いたプログラミング教材について

先週のScrattinoで調子が悪かったため、別のソフトを検討

S4A
先週のScrattinoより設定が簡単(インストールするだけ)
nanodock.png

Scratchで簡単に制御が可能。

まずLEDの点灯に成功。
これを元にモーターの制御を行うことも考えておく

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12