2016/11/29 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
報告
  • 産技学会東北 参加
 岩手大で発表してきました。
 以下質問とそれに対する回答

 Q1. 今回の研究で児童生徒に学ばせたいことは何か。
 A1. 意図していることは、プログラミング実習を通したプログラミング的思考の習得。ただ、今後社会で必要性が増加することが予想されるため、ある程度プログラミングそのものについての知識や、実際に書ける、ということも考慮していきたい。
 このため、習得が特に簡単で、記述する言語に着目し、今回の研究結果となった。
 
 Q2. 発表中の4つで学習難度はMinecraftが簡単なのは分かったが、実際に現場で実現可能性の高いものはどれだったか。
 A2. 実現可能性としてはMinecraftが一番。価格が約550円と若干のコストはかかるが、全体を通して難易度は程よく、プログラミング言語の基礎を学ぶ際に役立つ。
 二番目はArduinoが実現可能性が高いと考える。現行の指導要領でも「簡単なプログラムが作成」できなければならないほか、「プログラムによる計測・制御」について取り上げなければならないので、一度に学習できる見込みがある。また、情報の内容だけでなく、Arduinoを作る過程から授業すれば、エネルギー変換の内容でも「電気回路の配線・点検」として扱えるため、様々な内容を横断して学びを深められる。

  • 論文執筆
 構成に依らない部分(プログラミング教育の現状や、製作した教材の概要について)の執筆中。
 アンケート
 依頼文への学校名の差し込み完了
 諸々の送付準備をする予定

  • CoderDojo実践準備
 CoderDojoの1回目を実践予定。
 12月中旬の土日どちらかで行いたい
 今週中に集客用のポスターを作成

予定
12月中旬:CoderDojo中新田 実践指導の予定
12月中論文たたき台完成

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1904

コメントする