自分へのコメントの最近のブログ記事

平成25年10月25、26日に学生スタッフとして参加しました。
2日目の分科会:情報モラル、セキュリティ
について参考資料がWeb上にあったものをまとめておきます。

※各項目の要旨は参加者にCDROMで配られました。
研究室の皆さんは、111→N1→miku→JAET全国大会_分科会Eで見れます。

***********************************************************************************
スマホとSNS時代の情報モラル教育とは
ー子ども達の現状とネット炎上の情報発信ー
◯桑崎剛(熊本市立総合ビジネス専門学校)他
桑崎先生の記事を見つけました↓↓
こちらは桑崎先生が今まで行ってきた講演の資料です↓↓

***********************************************************************************
スマートフォンアプリの情報モラルに関する大学生の意識調査
ー「事例で学ぶNetモラル」の「アドレス帳はだれのもの」を活用してー
◯藤本義博(倉敷市教育委員会)他
事例で学ぶNetモラル↓↓
情報モラル教材の申し込みは、学校、教育委員会、教育センター等の教育機関に限るようです。

***********************************************************************************
児童生徒の情報モラルを向上させるための授業提案
ー高校生が教える情報モラル教育ー
◯佐藤正二(鎌倉女学院中学校・高等学校)
発表スライド見てて思ったのですが、この学校Mac使ってます。
宮教の第1演習室(Mac)と変わらない設備で羨ましいと思いました。
高校生が自分たちで調べて中学生に教えるという中高一貫校の良さを活用しています。
年齢が近い人が教えるというのは、やはり効果があるとおっしゃっていました。
教える高校生も勉強になっていますからね。

***********************************************************************************
「ネット社会の歩き方」情報モラルセミナー
ー講師育成のためのセミナー開催と教材開発の紹介ー
◯佐久間茂和(台東区立教育支援館)他
「ネット社会の歩き方」も最新の教材を作成していました!
一般財団法人コンピュータ教育推進センター↓↓
教材は、HPの「コンテンツ紹介」のところにリンク一覧があります。

***********************************************************************************
光と影のバランスを意識した情報モラル教育の実践
ー小学校専用のSNSで相手意識を高める取り組みー
◯大笹いづみ(こどもコミュニティサイト協議会)他
一般社団法人こどもコミュニティサイト協議会↓↓
インターネットが怖い部分だけではなく、「人を助けたり」「人を幸せにしたり」できる光の部分があることに気づかせる授業でした。
こどもコミュニティサイト「ぐーぱ」を使って小学生同士でSNS体験をさせていました。
宮城県の小学校も使っているみたいですね。

***********************************************************************************
情報モラルハンドブックの作成と活用について
◯篠原真(相模原市総合学習センター)他
相模原市総合学習センター↓↓
相模原市では、情報モラル教育「相模原プラン」という計画が作成されています。
コンテンツは各学校のサーバーに置いてあり、校内LANを活用して普通教室の大型テレビで発問や動画を映しながら授業をすることができます。
教員はコンテンツを簡単に映すことができるので授業しやすいですね。
行政の情報モラル教育に対する意識の高さが伺われます。
***********************************************************************************

10月12日の補足

| コメント(0) | トラックバック(0)
<<昨日のゼミの補足≫
自分でもやりたいことが確認できるように絵で表してみた
ちなみに神アプリと言われているNoteAnytimeを使用w

<昨日までにやったところ>
写真 (1).PNG
自分のTweetをdataフォルダーにテキスト形式で出力。
File名は「TwitterID-DataTime.txt」とした。
DataTimeはUNIXtime。
例えば「miyakyo-1349523400.txt」のようなFile名になる。
Fileを開けば,ひとつのTweetが出力されていることになる。


<次回の目標>
写真.PNG
ARCHIVEとメール配信用QUEUEの2つのフォルダーを作成。
作成したdata内にあるファイルとARCHIVE内にあるファイルを比べ,
ARCHIVE内に存在しないファイルがあったらARCHIVEとQUEUEに追加。
「dataにあってARCHIVEにないファイル=新しくつぶやかれたTweet」ということ。
ちなみに存在しないファイルがなければ無視。
こうすることで古いTweetがかぶることなく,新しいTweetがどんどんQUEUEにたまる。

その次はQUEUEに溜まったメールを送信するスクリプトを作成する。

①twitterの1tweetをgmailに送れるようなスクリプトを作成(最初の段階では自分のアカウントのtweet)。
②Thunderbirdにgmailに送られたメールを転送する。
③転送されたメールを「危険なtweet」or「危険ではないtweet」に分けて学習させる。

まずスクリプトの作成頑張る。
情報提供の件はどうする?

方向性の確認!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
解析をする上での方向性の確認!(それないように!)
・子供たちのSNSでの不適切な発言を抽出する。
・危険な集まりを特定する(学校とか)。
・分類する。

危険なところを抽出できるようにする!!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自分へのコメントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゼミ発表用です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12