2014年4月アーカイブ

Photosphereは約10mほど離れた場所にピントが合うため,それより極端に近い,あるいは遠い場合は画像がぼける。

junaioのチャンネルを作成していく際には,メニュー一覧なども追加したほうが良い。クイズ作成と同じ要領で。


タグのラベルの色をコントロールするのも試すこと。

junaioで画面を戻すために,QuickStart→lbs→indoor〜 にあるarel→index.htmlを参照すること。

4/25 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
面接終わりました。結果待ちです。


今週の主な動き。
・junaioのタグからパノラマチャンネルへのリンクのテスト
     →うまく動作した。しかし,タグのある元のチャンネルへバックするボタンの設置が実現できていない。
・学内のパノラマ撮影
     →PhotosynthとPhotosphereを用いてヤギ小屋,陶芸場前,タナゴ池,青葉山体験学習室前,バタフライガーデンを撮影した。
      私の主観ではあるが,撮影時の操作性ではPhotosphereが勝る。写真の仕上がりではPhotosynthが美しい。

来週の予定
 ・元チャンネルへの戻るボタンの設置(junaio)
 ・撮影したパノラマを使用したチャンネル作成(可能ならクイズ作成も)
 ・マルチコプター?
昨日撮影したバタフライガーデンのパノラマ写真
PANO_20140424_153702.jpg

撮影の模様
20140424_062907970_iOS.jpg

やぎ小屋,陶芸場前,青葉山体験学習室前,バタフライガーデン(2種類)を撮影した。

ここでPhotosynthとPhotosphereを用いたパノラマ撮影の比較を行いたい。

panorama_yagi.jpg
PANO_20140424_144518.jpg

上がPhotosynth,下がPhotosphere。
Photosphereがやや黄色っぽい。やや写真がぼやけている,などの特徴がある。特に遠くのものになるとぼやけ方が顕著である。
撮影の段階では取るべき方向を点で示してくれる親切なPhotosphereに軍配があがるが
個人的には美しい仕上がりのPhotosynthを推したい。

普段なかなか来られない場所を撮影し紹介する,を方針として明日24日に学内でパノラマ撮影を行う。

研究室からnexus7をお借りしたので,カメラに付属しているPhotoSphereを用いたパノラマ撮影を行い,同時にPhotosynth(iPhone)を用いた撮影も行い
パノラマ写真の比較検討を行う予定である。


junaioのあるチャンネルのタグから別のパノラマチャンネルに飛ぶ設定を検証した。
これを用いて社会科の教材やパノラマ画像のデータベースを作成できる。

まず,あるチャンネルにタグを作成し,別のチャンネルに飛ぶリンクを作成した。

ここではタグ名は「鵜川研究室」とし,タグに研究室のパノラマチャンネルへのリンクを設定した。リンクは,junaio://channels/?id=****** とした。
IMG_6907.pngIMG_3825.pngIMG_1126.png

パノラマ専用チャンネルへのリンクはうまく動作した。

今後の課題は元のチャンネルへ戻るボタンの設定である。



4/18 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週の主な動き
GoProを用いたパノラマ撮影,Photoshopを用いてのパノラマ製作
マルチコプターを用いてのパノラマ撮影とその検証
リフレッシャー見学
j5新ページ制作
Gimpウィルバーくん制作

マルチコプターに関しては解説書を熟読し,正しい手順でもう一度撮影を行います。



来週の予定
マルチコプターでのパノラマ撮影(ジンバルあり?)
学内でのパノラマ撮影
オープンキャンパス用のjunaioコンテンツのタグ作成,全体構想
DVD作成
Gimpでウィルバーくん作りました。

制作画面
スクリーンショット 2014-04-18 12.42.00.png


完成品
 wi.jpg

前回の反省を活かし,間隔を縮めながら5秒おきに撮影する設定でGoProを用いてパノラマを作成した。
panorama1.jpg


GoProでの撮影はPhoto Time Lapseが最も適している。

Homeの設定など,説明書を再度熟読し,マルチコプター操作手順を確認すること。
昨日GoProとマルチコプターを用いて写真の撮影を行った。

まずは手動での撮影を行う「Photoモード」
IMG_9368.png
Photoモードでは,手動であるため撮影の方角を意識しながらタイミングよくシャッターをきることができる。
撮影した写真を用いて作成したパノラマが以下のとおりである。
syudou.jpgのサムネイル画像
問題点としては,高度や位置が一定に保てていないため,非常に歪んだものとなってしまっている点である。
これを用いて作成を行っていく場合は,風などの天候条件に配慮しつつ,マルチコプターの操作技術を更に磨くことが求められる。

次に「Photo Burstモード」での撮影を行った。これは◯◯秒間に△回シャッターをきる,というモードである。
IMG_8514.png
これを用いて撮影を行った結果
Photo Burst 11.45.32.png
あまりに短い間隔で写真が撮影されたため,不要な写真が多く撮影されてしまった。
この点だけであれば設定次第で変更できると思われるが,一定時間の撮影が終わった後の次の撮影へのスタンバイに入るまでにタイムラグが生じている可能性があるという点が問題である。
このため,撮影出来ている方角は何枚も撮影出来ているが,その次に撮影出来ている方角との間に撮影出来ていない間隔が生じている。そのため,これを用いてのパノラマ撮影を行うことができなかった。

今回のマルチコプターでの撮影では検証できなかったが,GoProには「Photo Time Lapse」というモードがある。
IMG_8774.png
このモードは,指定した秒数おきに自動で撮影するというものである。
マルチコプターを同じほぼ速さで回転させることができるのなら,有効な手段となるのではないか,と感じた。

今後もマルチコプターでの撮影を継続していくのならPhotoモード,Photo Time Lapseモードでの撮影が適している。
しかし,どちらの手法で撮影を行う場合においても,マルチコプターの操縦技術の向上が必要となる。

手動で撮影したものは GOPRXXXX.JPG
連写で撮影したものは GXXXXXXX.JPG  (Xには数字)
というファイル名となる
本日マルチコプターの練習を行った。
goproを使用してパノラマ撮影を行った。コプターの挙動が安定しない,wifiが途切れるなどの問題はあった。

撮影した写真の確認を行う。
マルチコプター ジンバルを付けてインターバル写真を撮る

今後の目標としてリフレッシャー教材の作成。学内のさまざまなところでパノラマ撮影。
OCの宮教紹介で使用する。

上空ではどのようにパノラマを撮影するか。

パノラマ写真はPhotoshopで作成できる。f9山田さんのページを参照。

撮影手法を学内で確立し,市内へ。そして被災地へ。

次回までには実際のカメラ(gopro)で撮影してみる。Junaioのタグや音声も作成する。
研究室内でgoproのカメラを持ち,回転しながら撮影し,photoshopを用いてパノラマ作成を行った。
今回が1回めである。

その結果・・・・
4-122.jpg

撮影の間隔があきすぎるとパノラマ作成に使えるものであると認識されないのかもしれない・・・
また,カメラの向きを正確に維持しながら回転するのも難しい(若干ずれる)

今後の課題
前面のボタンが電源。長押しでON,OFF。切り替わったときは赤のランプが点滅する。

上面のボタンがシャッター。

側面のボタンがWifiボタン。
IMG_1029.jpg

var soundPoi = arel.Scene.getObject("1"); と定義し,
function handlePoiSoundEvent(obj, type, param)
{
    //check if there is tracking information available
    if(type && type === arel.Events.Object.ONTOUCHSTARTED)
    {
        arel.Media.startSound("http://dev.junaio.com/publisherDownload/tutorial/test.mp3");
    }
};
と記述することで再生可能。この時,画面はそのままで再生できる。




array(array("Start Audio", "soundButton", "http://ugawa-lab.miyakyo-u.ac.jp/QR_SOUND/contents/all/kabutomushigarden/sound/flaver.mp3")) //buttons
);
などと記述することで,ボタンを用意し,タップすることで音声を再生させる。この時,画面はQTでの再生画面(iPhoneの場合)での再生となる。

セミナー 4/11

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは

今週は
・Photosynthを用いたパノラマ写真撮影とjunaioでの使用
・junaioのサンプルファイルの確認
・ARの社会科教材への活用の調査
・Photosynth以外のパノラマ作成アプリの調査
を行いました。

サンプルファイルの確認についてはブログに書きました。今後のjunaioチャンネル作成の参考になるものもあるので,今後も調査を進めていきます。
社会科教材への活用としては,地図学習でARを用いるものが見つかりました。
Photosynth以外のアプリの調査,比較は今後も続けていきます。

今回の調査でとある記事をみつけました。
「Googleのストリートビューが自作可能に Androidでパノラマ写真を作成&共有できる」
この記事ではAndroidを用いてパノラマを撮影しストリートビューを製作する手法が紹介されていました。
社会科での学習にも活用できそうなので,iPhoneでも製作できるか,具体的にどのような指導に役立てることができるかを模索していきたいと思います。

来週は
・マルチコプター練習
・DVD作成
・junaioサンプルファイル確認と実際のチャンネル作成
などを行っていく方針です。

日曜のお花見楽しみにしています!!!
ソフトウェア
①AutoStitch
2枚以上のデジカメ写真を用いてパノラマ写真を作るソフトウェア。ただしWindows専用である。

iPhoneアプリ
こちらに特集されている。下記のもの以外も多数。
①360panorama
価格は現在0.99ドル。シャッター動作がないのが特徴とのこと。
②AutoStitch panorama
上記のiPhone版アプリ。価格は170円。

Androidアプリ
①Photafパノラマ
無料である。
②360パノラマカメラ
無料である。

今後さらなる調査を進める。試用も検討する。
quickstart 4-6_03
IMG_5294.pngIMG_6815.png

怪物?のようなものが表示された。左下の Shoot ボタンをタップすることで物騒なものが発射される。ゲーム的要素を加える際には活用できるかも。

junaioのquickstart MORE_1 にはタグの表示を設定できるボタンがあった。
buttun.jpg



LBS_5には上下左右のボタンがあった。押しても反応は無し。使用法については今後調査。
photo1 (1).jpg






































GLUE_12はtwitter連携やシェアのためのボタンがあった。
IMG_8110.png

ARの社会科教材への活用についての調査


◎AR技術を用いた小学校社会科地図学習教材の開発

http://ci.nii.ac.jp/els/110007499802.pdf?id=ART0009328000&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1397049839&cp=

小学校社会科での地図学習教材。地図上のマーカーや写真を読み込むことで名称や特徴についての文字情報を取得できる。

音声情報などは用いられていなかった。

4/9 ①

| コメント(0) | トラックバック(0)
Photosynthを使用して研究室内のパノラマ写真を撮影

panorama.jpg












これを使用し,パノラマ写真を表示させるjunaioコンテンツを作成した。
スクリーンショット 2014-04-09 20.44.21.png
















IMG_4090.png








































Next....コンテンツ作成,ARを用いた社会科教材の調査,Photosynth以外(iPhone以外の環境)のパノラマ作成方法の模索

セミナー 4/1

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは

先週行ったこと 
①DVD作成
②マルチコプターの操作


gimpの講座サイトを探しました。
GIMP初めの一歩
それぞれの機能の解説に加え、動画を用いたチュートリアルがあるのがよい。


GIMP使い方講座
透過処理、素材加工、gifアニメなど、web制作に役立つ内容が示されている。
デザインも見やすい。


今後の研究としては,ARを用いた震災遺構データベース教材を作成する方向で考えております。マルチコプターとカメラを用いて津波の到達した高さからのパノラマ映像を撮影し
junaioを用いて教材化していく予定です。
被災地に赴いての研究もあるので,がんばっていきたいと思います。

今後行うこと(9月までの予定)
4月:教材の開発や利用の環境、過去の研究についての調査
   マルチコプター練習
   junaioについて勉強
   gimp
   教採勉強
5月:震災遺構パノラマ撮影(仙台市内)
   gimp
   教採勉強
6月:卒論題目提出
   教育実習(3週間)
   gimp
7月:教採勉強
   教採一次(関東,東北)
8月:震災遺構パノラマ撮影(県南部 山元〜名取)
   教採勉強
9月:教採二次
   卒論中間発表
   震災遺構パノラマ撮影(七ヶ浜〜石巻)

来週は
・gimpの学習
・マルチコプターの練習
・DVD作成

を中心に行います。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。