2014年12月アーカイブ

セミナー 12/30

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週

・卒論ver.1チェック→訂正
・卒論ver.2

次回

・卒論直し

12/24 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週
・スマートフォンを用いたパノラマ撮影 開始地点と写真の中心についての検証
・卒論(1章,5章)

次回まで
・卒論
前回のセミナーの内容を踏まえ,スマートフォンのコンパスを正確にし,撮影開始地点の方向を統一して撮影を行った。(処理センと9号館の中間)
以下のパノラマ写真の撮影に用いた端末,アプリはそれぞれ

Photosynth(iPhone5)
Photo Sphere(iPhone5)
Photo Sphere(Nexus7)

Photosynth.jpg


iPhone_photosphere.jpg

nexus7_photosphere.jpg

以上の結果より,Photo Sphereを用いて撮影することで,撮影開始地点が完成するパノラマ写真の中心となることがわかった。

12/16 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週
・Photosphereの撮影比較(iPhone5,Nexus7,Xperia)
・卒論(3章,4章),マニュアル

来週
・卒論(1章,5章),マニュアル
竹中さん協力のもと,Photosphereで撮影したパノラマ写真の比較を行った。
写真はそれぞれの環境で撮影を行ったものである。

上から順に Apple社iPhone5,Google社Nexus7社,SONY社Xperia

photosphere_iPhone5.JPG
photosphere_nexus7.jpg
photosphere_xperia.jpg


以前,iPhone5上のPhotosynthとNexus7上のPhotosphereでパノラマを撮影した際に,後者がやや黄色がかっていたという結果が得られたが
今回,撮影に使用するアプリを統一して行っても同様の結果が得られた。
またXperiaで撮影したものに関しては他の2つと比較して色が鮮明であった。
この結果から,撮影した写真の色に関しては使用アプリよりも,使用しているスマートフォンのカメラの性能によるものが大きいことがわかった。

12/9 セミナー追記

| コメント(0) | トラックバック(0)
・論文序論に関して
パノラマを扱った事例を検索する。社会科だけでなく、パノラマがどのように使われているのか。

プラネタリウム,映画

パノラマがもたらす効果について,論文などを調べる
パノラマを研究している人を探す。
相対的位置より,絶対的位置。

・パノラマの教材化に関して
子どもが実際に見ている部分は個人によって違う。
普通の写真を撮影するよりも効果がある。




・論文の分量について
他の場所で参照できるものは省略する。
ここでしか見られないものは残す。

項目だけは立てておいて,あとで調整する。
文章はコンパクトに,時間短縮

12/9 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週
・論文 構成(先生と相談しながら)
・震災遺構チャンネル 公開申請受理
・チャンネル サムネイル追加作業開始
・卒論執筆

来週
・卒論&マニュアル
・サムネイル追加作業
作成した社会科教材チャンネルと震災遺構チャンネルのサムネイル追加作業を開始した。
今後も継続して進めていく。

IMG_8164.png

先日申請を行った震災遺構チャンネルの公開申請が受理され,公開された

12/2 セミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
今週
 ・卒論題目変更届提出
・新寺こみち市取材
・社会科教材,内容追加
・震災遺構チャンネル 場所説明ページ追加
・マニュアル作成
・震災遺構チャンネル 公開申請

来週
・マニュアル作成
・サムネイル(社会科教材,震災遺構教材)
・論文 構成,章立て(先生と相談)
・卒業論文
震災遺構チャンネルが公開となっていなかったため,申請を行った。
28日に新寺で行った取材で,THETAを用いたパノラマ写真を撮影した。
今回は新寺こみち市での様子をとらえた内容となっている。
これまでに作成した社会科パノラマ教材に内容を追加した。
タグからパノラマ画面に移動する際に,普段の様子とこみち市の様子を選択できるようになり,それぞれの違い,特徴を比較させながら学ぶことができる様になった。 
IMG_0374.PNG

IMG_0375.PNG
新寺こみち市での取材を行った。
10月に取材を行った箇所と同じ地点においてパノラマ撮影を行った。

こみち市では,紅茶や野菜,ジャムなどの食品や陶器,雑貨などが扱われていた。
野菜は地元宮城産,山形のフルーツ,釜石などの海産物が売られていた。

お店を開いている方からお話をお伺いしたが,こみち市のよいところは
気軽に様々な商品を見ながら,いろいろな人とお話ができることである,とのことであった。
こみち市1往復で約20分ほどであるが,飽きることなく楽しめる。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。