2016年5月アーカイブ

5月31日ゼミ

| コメント(0)
【今週行ったこと】
  • 先週のゼミで出た修正点をちょこちょこと
  • 卒論の題目提出
    「メモ機能を用いた校務の情報化について」
  • 動画学習サイトPaizaでPHPの勉強
  • PHP MyAdminを用いてデータベースの作成
  • OneNoteの研究に関しては進んでいない

【来週以降の流れ】
  • 今日(15:30~)直前指導
  • 来週から4年次教育実習(6/7~6/27)
PHP MyAdminを使ってデータベースを作成しました。
手順をまとめていきます。


PHP MYAdminをダウンロードし終わったところから。

  • ユーザーを作成する。(今回は"shuntaro"で作成済み)

  • 構造タブを選択し、テーブル作成を選択
    →名前、カラム数を任意に選択→実行ボタンをクリック

スクリーンショット 2016-05-30 18.50.51.png


  • 名前、データ型、長さ etc...を記入
    ※このとき、idのカラムには
     「AUTO_INCREMENT」欄にチェックを入れる
    ※AUTO_INCREMENTを入れると自動でid番号が加算されていく
    →保存をクリック

スクリーンショット 2016-05-30 18.52.52.png


  • PHPページを作成
    (難しい内容もあるからコピペで)
    ※15行目、16行目"shuntaro"は自分のユーザー名を記入
    ※20行目、23行目、30行目、39行目'talk'はテーブル作成時の名前を記入

スクリーンショット 2016-06-01 18.30.55.png




実際に使ってみると...

スクリーンショット 2016-05-30 19.05.51.png
フォームに入れた内容をweb上で表示することに成功!
さらに、PHP MyAdminのサイトでデータ管理が可能に。


スクリーンショット 2016-05-30 19.08.02.png

卒論題目提出

| コメント(0)
卒論の題目を提出しました!

「メモ機能を用いた校務の情報化について」

頑張っていきます!

5月23日ゼミ

| コメント(0)
【今週まで行ってきたこと】
  • 5月卒業研究発表動画の作成とHPへのアップ
  • 卒業発表会の振り返り→前々回ブログ
  • OneNoteの調査→前回ブログ
  • PHPの勉強少し
【来週までに行うこと】
  • 卒論の題目提出(5/31 17:00まで)

OneNote導入マニュアル調査

| コメント(0)
ダウンロードが推奨されているOneNote日めくりカレンダーは、
サイト上では「windows7、OneNote2010対応」と表記されていた。
→OneNote2013でも動作することを確認。



【マニュアルの中で紹介されているもの】
・日めくり掲示板の設定→A
手順2.
ダウンロードした圧縮フォルダをダブルクリックで開いてもマニュアルと同じ画面が出てくるが、
そうしてしまうと手順4で参照から開こうとしたときに開くことができない。
ダウンロードした先のフォルダをきちんと
「右クリック→すべてを展開」しなければならない。
          
          手順3.
          日めくりカレンダーを開く際、OneNote2013では
          「開く→(他の場所から開く下にある】コンピュータ」
   をたどらないと
          参照まで行きつけなかった

      手順4.
   ナビゲーションバーの追加
   ナビゲーションバーが初期設定では見えていない
   (個人持ちのPCだからか?)
   OneNote2013ではナビゲーションバーではなく、
   ノートブックウィンドウを固定
   という形で表現されていた。
   表示のしかたは、
   画面左上の「Calender」をクリック→「ノートブック追加」
   横のピンマークをクリックし、固定する。
   大きさもある程度の範囲で変更可。


・名称や分類を自校化→B 
  職員室内のネットワークを使って設定を行っている。
  個人持ちのPCではOneDriveやOneNote365のクラウドでの管理しか
  できない。 

5月卒研発表会を終えて

| コメント(0)
【質問とその場での答え】
  
(水谷先生より)
  • OneNoteとEvernoteとの比較はしてみたのか
    ー研究を進める段階でEvernoteの調査はしていた。
     今回は複数人が同時に編集できるという長所のもと
     OneNoteを研究の中で扱ってきていた。
  • 最終的にどのようにまとめていくのか
    ー校務の情報化に繋がるようなもの。
     先生が使ってみて便利だなと感じるものを作りたい。
           ↓
  • 具体的なものを提示して欲しい


(門田先生より)

  • 校務の情報化だと幅が広すぎる、
    成績処理なども入ってくるのか。
    具体的な使い方を聞きたい
    ーメモ機能を活かした使い方
     日頃録りためておいたメモを成績処理に活かすなどの使い方。

(櫻井元羽より)
  • OneNoteの利用マニュアルの作成について、
    どのような調査を行っているか
    ーなかなかOneNoteを使う機会はない。
     PowerPointに似たような使い方ができるため、
     初めて使う人でも疑問に感じる部分はないかを調査。
     (「使ってみて調査をしている」の方が良かったな...)

コメント用紙から
  • 教師の仕事の効率化に繋がるということでOneNoteは
    役に立つものであるなと思った。
  • データを共有でき、便利に使えるのは良い。
    ただ、それがどう教員の仕事を効率化するのか。
  • 完成すれば様々なことに利用できそう。
  • セキュリティ面での研究も必要ではないか。



【振り返り】
質問からもわかるように、全体を通して「具体性」が欠ける発表
になってしまっていた。もっと具体例を提示しながら発表していれば
聞いている人もイメージしやすいものになっていたのではないか。
今後の研究の中では、中身を見せれるような取り組みをしていきたい。

門田先生の質問でもあったように、校務の情報化では
範囲が広すぎて何に対してメリットのある研究であるかわからなかった。
メモ機能を用いて成績処理を行うという構想はあったが発表のなかに
出てきていなかったため、伝わらなかった。ここも具体例。

研究室OB・OGの現職の先生方からのアドバイス、
OneNoteの利用マニュアルはぜひとも充実させてもらいたいとのこと。
学校現場では、OneNotemの設定ができず、情報課の先生が
各先生のPCを設定しに回っている現状があるそう。
→初めて使う人でも使えるような内容にする。

一方、成績処理におけるメモ機能を利用した校務情報化に関しては、
すでに上位互換のソフトがあり(そちらでは通信簿まで作成可能
だという...)、学校現場では利用が当たり前になっているそう。
再考し、研究のゴールを考える必要があるなと感じた。
→ゴールの設定からもう一度。

OneNoteとPHPとの連携に関してのサイトを
鵜川先生から紹介してもらった。来週まで確認。

研究室での打ち上げ、楽しかった。またやりたい。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。