2016年7月アーカイブ

ubuntuを建てる

| コメント(0)
今回はVirtualbox内にubuntuを建てていきます。

【ubuntuを建てる】

virtualboxとubuntu14.04をインストール

virtualboxを立ち上げる

スクリーンショット 2016-07-30 15.22.54.png

新規を選択
名前を設定、今回はubuntuを立てるのでタイプとバージョンを画面のように選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.22.39.png

メモリーサイズは用途によって変更すればいいので今回はデフォルトのまま

スクリーンショット 2016-07-30 15.24.00.png

ハードディスクについては仮想ハードディスクを作成するを選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.24.07.png

ハードディスクのファイルタイプはVDIを選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.24.50.png

ストレージについても可変サイズでそのまま選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.25.55.png

ファイルの場所とサイズもそのまま

スクリーンショット 2016-07-30 15.26.35.png

ここまでいくと設定が終わり、virtualboxの画面に戻る。作成したファイルを選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.26.45.png

開始する仮想マシンを含むディスクのある、仮想光学ファイルを選択、起動
(今回はubuntu-ja-14.04-desktop-i386.iso (1.05 GB)を選択)

スクリーンショット 2016-07-30 15.29.33.png

立ち上がった画面の中の「ubuntsをインストール」を選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.32.00.png

正常にインストールするための確認をしたら「続ける」を選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.32.58.png

ディスクを削除してubuntuをインストールをチェックし「インストール」を選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.34.07.png

住んでいる地域を選択(日本が無いのでTokyoでよい)

スクリーンショット 2016-07-30 15.35.06.png

キーボードレイアウトは任意のものを選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.35.59.png

名前とパスワードを設定し、自動ログインにチェックを入れて「続ける」を選択

スクリーンショット 2016-07-30 15.37.39.png

ubuntuのインストールが自動で始まる

スクリーンショット 2016-07-30 15.38.52.png

インストールが完了したら再起動をする

※再起動の際に時間が経っても立ち上がらないときは、リセットをしてvirtualboxから再度起動させるとよい

再度立ち上がったら言語表示を日本語に設定するとよい


【アップデートの設定】

アップデートの設定を行う。
左のLaunchからシステム設定を選択、「ソフトウェアとアップデート」を選択

スクリーンショット 2016-08-01 17.06.14.png

アップデートタブからアップデートの自動確認が「毎日」になっているかを確認する

スクリーンショット 2016-08-01 17.06.34.png

アップデートを行うときは右上の設定ボタンから「このコンピュータについて」を選択し、「更新をインストール」を選択する

スクリーンショット 2016-08-01 18.27.45.png

スクリーンショット 2016-08-01 18.28.00.png


【画面サイズの変更】
初期設定では、画面のサイズを広げようとしても大きくならないので設定をする必要がある。設定の仕方については以下に示す。

上のメニューバーから「デバイス」→「Guest Additions CDの挿入」を選択
パスワードが聞かれるので、設定したパスワードを入力

7月29日ゼミ

| コメント(0)
【今週までに行ったこと】
  • 宮城教員採用試験一次試験(7/23~7/24)
  • OneNoteの保存に関して
  • PHPMyadminのダウンロード(はじめの一歩)

【宮城教員採用試験一次試験】
無事、一次試験が終わりました!
感想としては、
受験生の多さに改めてびっくりしたのと
2日目の水泳がめちゃくちゃ寒かったです。

やれることはやったので、あとは結果を待ちつつ2次試験の勉強をしていきます!


【OneNoteの保存について】

前回のゼミでご指摘があった「保存先の変更」について調査しました。

前回使用していたPCは「Office」が入っていないものであったため、
Onenoteの使用に制限がかかっていました。
具体的には、

  • 個人での利用を対象に提供されているため、商用利用はできない
  • 保存先は「OneDrive」のみ
  • 録音や録画は行えない
  • ノートにファイルを添付することができない
    (既存の録音付き、添付付きのものは開くことができる)
  • セクションへパスワードをかけることができない
などが挙げられます。

Officeがダウンロードされているものであれば保存先も選ぶことができます。


保存先の変更の方法をテンプレート作成の手順とともにまとめていきます。

まず、保存先の変更について、
①「ファイル」から「新規」を選択し、任意の保存先にする
 (今回はコンピュータに保存します)

onenote.png

これで保存先は自由に変更できます。

次にテンプレートの作成について、

②テンプレートのもととなるものをノートに作成します。
 そして、ページテンプレートタブから「ページテンプレート」を選択

onenote2.png

③画面右下の「このページをテンプレートとして保存」を選択すると、保存されます。

onenote3.png

④テンプレートを呼び出したいときには、先ほどのページテンプレートから
 「マイテンプレート」を選択します。すると、作成したテンプレートが呼び出されます。

⑤一度呼び出したテンプレートは、タブに残ります。

onenote4.png

以上が手順となります。




【PHPMyadminのインストールについて】

WindowsにPHPMyadminを入れて、構想としていたインポートをやってみたいと思いました。
インストールはサイトを見ながら簡単にできたので、ここからコマンドを打ってやっていきたいと思います。
今回ははじめの一歩としての報告でした。



【今後に向けて】
  • Onenoteのマニュアルを作成していく
  • ドローンの申請書を作成→運動会のシーズンにドローンを飛ばそう
  • PHPMyadminをがんばろう

7月8日ゼミ

| コメント(0)
【今週までに行ったこと】
  • ドローンのアップデート
    →途中で手詰まり
  • OneNoteの使い道
    ー図工作品の保管・評価
    ー町探検への利用


【ドローンのアップデートについて】
木3データベースの活用の際に、ドローンを利用しました。
久々の登場。
電源を入れてみるとゴールドのドローンの方がカメラとの接続がうまくいかない。

ファイル_000.jpeg

メニューバーに「アップデートの必要あり」との警告があったので、
サイトを見ながらアップデートをしてみました。
アップデートの手順は以下の通り。

▶機体のアップデート

①DJIの公式HPからアップデートファームウェアのダウンロード
http://www.dji.com/ja/product/phantom-3/download
②任意のバージョンを選んで.zipをダウンロード
③SDカードにダウンロードファイルを追加
④機体にSDカードを入れる
⑤機体の電源を入れる

機体の電源を入れると自動的にアップデートが始まります。
ビープ音の種類により、アップデートの進行、成功・失敗がわかります。
詳しくは以下のサイトを参照してください。


今回はここで躓いてしまいましたが、この後の手順も載せておきます。


▶送信機のアップデート
①着たいと送信機の電源をOFFにする
②SDカードを機体に入れたまま機体と送信機とをUSBでつなぐ
③機体の電源をON→送信機の電源をON

送信機のLEDが青から緑に変わればアップデート完了です。



少し戻って.....
今回は機体のアップデートの段階で失敗してしまいました。
はじめは手順通りに進めていくことができるものの、機体に電源を入れ、アップデートをかけると、途中からモータの悲鳴のような音がジンバルの後方部から....
ファームウェアのバージョンを変えてみたり、SDカードをフォーマットしたりしたのですが、何度やってもうまくいかず、現在手詰まり状態です。

ファイル_001.jpeg

カメラとの接続ができていないだけで、飛ばすことに関しては問題無いのですがなんとか直したいです。補償申請も視野に入れながらやっていきます。


【Onenoteの使い道について】
イメージしていたものを形にしてみました。
どうですかね。
スクリーンショット 2016-07-08 15.05.31.png

テンプレートとして作ることができるため、教師自身が作ることもできます。



【やってみる】
保存先が変更できるかどうか



【これからの流れ】
7月23日・24日 宮城教採一次

7月1日ゼミ

| コメント(0)
【今週までに行ったこと】
  • 4年次教育実習に行ってきました(6/7~6/27)
    ー3週間ということでしたが、本当にあっという間でした。
     大学では学べないような実践的なことをたくさん学ぶことが
     できました。楽しかったです。

【今後の展望】
  • OneNoteの活用について
    ー教育実習期間中に職員会議や教員会議に参加する機会がありました。
     OneNoteについて先生方にお話を聞くと、
     「とても便利」「いつでも何度でも見られるのが良い」と言っていました。
     新任の先生がいましたが、男性ということでPC関係の扱いには慣れている
     ようで、特に問題なくOneNoteを利用できているそうです。
     
    →OneNoteを最大限に利用する。
     例 作品の保管・評価、指導案の共有・添削指導


    余談
     今回実習に行った学校では、教員に一人一台ノートPCが配られていました。
     各教室にLANケーブルが備え付けられているため、どこにいても
     ネット環境に接続することができるそうです
     
    (ICTの活用としてデジカメを使って授業をしている先生もいらっしゃいました。
     ICTの中では、実物投影機を用いることが多いとのこと。)

  • PHPの活用について
    ー教育実習期間中に保護者対応をしている先生がいました。
     保護者対応の基本としては「どうしてその経緯に至ったのか、
     そこでどんな対応をしたのか、その結果どうなったのか」
     など事実を伝える必要があるそうです。

    →Excelでメモしたことをデータベースに反映させ、必要なときに取り出す
     例 PHP Myadminを使ってインポート


【やること】
  • 今後の予定をまとめておく

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。