2016年9月アーカイブ

9.30.Fri セミナー

| コメント(0)
  • 12月3日の発表までの日程
①10月9日に実践の一回目。来週です。実践内容の説明、生徒が制作物の構想を練り製作計画を作る。できれば編集アプリにも触れてもらいたい。
②実践二回目。オブジェクトの作成。投影画像の制作、取り込み。
③実践三回目。投影、必要に応じて修正を加え、作品の完成。
④制作物の展示会。11月21日or28日。
⑤それ以降は発表練習。

実践2,3回目の日程がまた決まっていないので、細かな予定は立てられませんが、大きな流れは上記のようになり、実践ごとの間に、必要な準備を進めていく形になります。ひとまず、一回目の実践までには、レジュメやアプリの説明プリントの準備、二回目の実践までにはオブジェクト制作のための準備、生徒には実践で行けない間に投影する絵の制作も、することになれば進めて貰う形になります。三回目の実践までには、プロジェクタ等投影に必要な準備、画像をDynaMapperに取り込む作業、を進めていくことになります。最後の実践が終わり、展示会の準備ができた時点で発表準備に取り掛かるつもりです。


  • 実践の計画
 実習先の先生と、次の実践について話を詰め、実践内容を確定させました。一回目の実践では、上に書いたように実践内容の説明をし、制作の計画を建てさせてきます。展示会が11月21or28日、実践回数は3回と決まったので、それに合わせて全体の計画も見直し中です。レジュメと製作計画プリント、Picsartの説明プリント、製作中です。
 参加人数が10人前後で、もしかしたらプロジェクタが6台もいらないかもしれないので、実践に行って確認してから準備を進めます。一人一台までは確保できないので、2〜3人でグループを組んでもらい、オブジェクトの制作、プロジェクタを共有する予定です。
 向こうでグループが決まり次第また連絡してもらえるとのことなので、こちらからも計画の連絡を再度忘れずにするようにします。
 できればアンケートや写真も取って論文に載せられるようにしたい。
 プロジェクタは、焦点が遠目のものを準備するようにしたい。
 許可申請は今回は不要。
 今回iPadは黒小さいもの。ソフトウェア10で動けば、他のも全部updateする感じで。
見本品の流れを動画で見せれるよう準備。
 

9.23.Fri セミナー

| コメント(0)
10月9日の実践に向けて
  • 現在実践先の先生と相談中です。実践で伺える回数と、制作物の展示会(発表会)がいつになるのか、確認しています。
  • とりあえず次の実践で最低限やらなければいけないことは、実践計画の説明です。どんな内容の活動をするのか、生徒に理解して貰う必要があります。これは最低限必要。レジュメ作成中。その次に、生徒が制作物の計画を建てさせようと思っています。
  • 今回の実践前の活動に関しては、生徒がどんなものを作るのか具体的にイメージできていない状態のため、なかなか難しい状態なので、次回の実践から考えます。
  • 生徒が作成するオブジェクトは、形を工夫させれば、プロジェクタ1台で一つのオブジェクトに複数人分の映像を投影できる思うので、オブジェクト制作は複数人で一つ作り共有して試用、投影する映像に関しては個人で制作するのがいいかと思います。要相談。
  • 投影する映像作成に関しては、カメラで取った写真をiPadで加工して使う予定。画像編集アプリとして「Pics art」を使う予定。無料。過去に書いた絵や、適当に取った写真も、効果をつけたり、コラージュできたりするので良いかなと思います。過去に描いた絵や写真ならばすぐに用意できると思うので、現実的。新規で絵を制作するかは、実践の回数と展示時期を含め、中学校の先生と相談したいと思います。できれば、オブジェクトに合わせて新しく描かせたいとは思っています。その際に、もし絵を制作するのであれば、具体的なイメージとして、オブジェクトの制作とも合わせて、「季節の模様替え」をテーマにしたいと考えています。
来週まで
  • 実践回数、展示時期が確定次第計画書の見直し。
  • 生徒に説明用にレジュメ、制作計画プリントの作成。
  • Pics artの使い込み、指南レジュメ作成。
  • 第2回発表(10月3or10)に向けて、ゼミの計画の作成。

9.2.Fri セミナー

| コメント(0)
  • 実践に向けての相談
 実践先の先生と、前回作成した実践案について相談しました。前回の予定では、作品制作の準備から中盤までの作業を事前に進めててもらい、自分が最後の仕上げの部分をおじゃまして完成させる予定でしたが、やはり、はじめのオブジェクト作成や、作品の原案づくりを自分が行かないままに始めるのは生徒にとっても難しいとの事だったので、もう一度見直したいと思います。実践時間もこのままだと足りなくなる可能性があるので、もう一度そこから日程の方を相談して決めたいと思います。
 実践の内容(オブジェクトの作成から画像の作成、スキャン、投影)自体はこのまま大きな変更なく進める予定ですが、自分が行かなければならない進まないような作業がどうしてもあるので、そのあたりの調整を加え、どうしたら自分が行かなくても作業が進められるか、もっと詰めないと、自分がいない中での活動は難しいと感じました。
 基本的には、できて絵を描くこと(投影用の画像をつくるくらい)くらいが無難なラインとの事だったので、それを参考に、もう一度作業を進める順番なども含めて見直し予定です。


  • 来週
実践案の修正、相談。
使えるプロジェクタ探し、台づくり
iPadの画像編集ソフトの試用

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。