2012年4月アーカイブ

2012年4月20日

音の定位と可視化

セミナーで、難聴者のスイカ割りから発展し、目隠し鬼「鬼さんこちら手のなる方へ」の遊びも音がどこから来るかを可視化できれば遊べると思った。
Google検索:音の定位と可視化

実際に、「難聴者の生活環境向上のため「音の可視化」を目的としたウェアラブル画像入出力の形態研究」
www.sangetsu.co.jp/hibizaidan/pdf/hibi_19/suto.pdf
等の研究もされているようだった。
この分野も大変面白い。

私は、バードウォッチングを紹介いただいたとき、鳥の声がするのに、実際はどこにいるのか、
双眼鏡で見つけることができなかった。
ファインダーを見ながら、音のするところがピカピカするような双眼鏡があれば嬉しいのだが。

--鵜川義弘

2012年4月19日

寮生、院生、ネット接続、利用モラル講習会

4月16日(月)18:00~@第3演習室で男子寮生、女子寮生、院生を対象に、
ネットへの接続方法と、ネット利用に関するセキュリティとモラル講習会を行いました。



第3演習室の広いところが全部埋まるという、集まりぶりでした。
研究室の皆さんの参加はありませんでしたが、
情報処理センターのテックサポーター3名、職員2名が集まり、
何とか設定を済ませることができました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


有線LANの環境を用意したのだけれども、
昨年
と違い無線LANのついていないパソコンは1台も無かったのは驚きでした。

iPadを教育に使う!講習会@附属小

4月18日(水)16:30-17:30に、附属小、第2多目的室で、「iPadを教育に使う!」講習会を行いました。

参加者は、副校長先生を始めとする、小学校の先生方、幼稚園の先生方、教職大学院院生、総勢40名弱。
最初に「電子黒板は古い。コンテンツをiPadに入れて、それを先生がスクリーンに提示する、
無線電子黒板としての利用を」と、一方的に私のお勧めを押し付けるところからスタート。

一人に1台、iPad を使っていただきながら、 
1.iPadの基本的使い方として
 ボタン、スイッチの位置、タップ、スワイプ等の操作、
 ネットへの接続方法、ソフトのインストール方法
2.iPadを電子黒板の代わりに使うための
 AppleTV へのAirPlay Mirroroing の方法、
3.既存教材をiTunes / DropBox経由で、iPadに取り込む方法、
4.KeyNoteや iBooks で表示する方法、
5.Word, 一太郎翔、Pages、iBooksAuthorを使って新しい教材を作る方法、
6.様々な使えそうな学習用Appの紹介
を行いました。

実物投影機でiPadの操作画面を出し、PowerPointとデュアルスクリーンで行いました。
AppleTVは、モバイルルータに接続。
附属小の第2多目的室、いいでしょ? ここは私、部外者ですが、自慢のお部屋です。
階段教室なのに大学の講義室と違って、布張りの椅子で階段教室なのに、温かみがあります。
4列目より後のテーブルには、電源が出ているのです。
ネットは、本学のCiscoの無線ルータ、この部屋には2台が設置してあり、ばっちりつながりました。
#実は、当初、持ち込んだ認証無し端末の台数が多く、IPアドレスが足りなかったのですが、
#SEさんの助けがあり、3分でつながりました。



研究室からは、準備を含め、有季さん、木田さん、栗木さん、松田さんのサポートの皆さんの
ご協力をいただきました。ありがとうございました。
最後になりますが、やっぱり実機を使ってやってみていただくのが一番良い方法と思いました。
このiPad購入の道筋をつけていただいた水谷先生、ありがとうございました。


2012年4月 5日

2012年度入学情報ものづくりコース1年生

情報ものづくりコース2012年度入学1年生との顔合わせ会がありました。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。