この青葉山植物ガイドマップは,1984年3月15日に発行されたもので、すでに絶版となっています。現在では,この1冊しか分かる範囲で残っていません。しかし、青葉山の植物は多少の変化はあったかもしれませんが、変わることなく存在しています。この価値あるガイドブックが、このまま忘れられてゆくことは非常に悲しいことです。そのため,Webとして残すことにより,その価値を保とうとするものです。このWeb化にあたっては、高橋先生と出版社の許可を頂き実現することが出来ました。
 このサイトは、語彙や説明等冊子中の言葉をそのまま使用しているため、Webとしての表現には適さないものもあるかとは思いますが、ガイドブックそのものの形を残したいため、そのままにしている箇所もありますが、ご了承下さい。


序 

 このガイドブックの前身は「宮教大周辺の植物ガイドブック」である。昭和54年に学生の勉強に質するため、自然研究会の学生と教官とで纏(まと)めて、大学で発行したのであるが、この作業に3年を費やした。
 こんどの「青葉山植物ガイドブック」は前記の本が絶版になったのを機会に、自然研究会の植物ゼミの学生が中心となり、教官と一体となって改訂版を目ざして、やはり3年かかって漸くまとめたものである。
 内容はさらに豊かに、また索引もつけてより利用価値の高い本を作成するため種々工夫したつもりであるが、いまだ不備な点が多い。今後自然研究会をはじめ有志の努力によって、より優れた改訂版が後輩によって発行されることを期待して序言としたい。

  昭和59年2月1日

宮城教育大学教官   高 橋 宏 明
  自然研究会植物ゼミ一同

HOME