« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月15日

10月15日発表

◎FLASH とWeb アプリケーションサーバ ColdFusion5 MX の連携によってリアルタイムコンテンツ

ColdFusion MXとFLASH連携のしくみ
 ColdFusion MX は、サーバに組み込み、CFML(ColdFusion Markup Languageの略で、HTMLを拡張した言語である)言語で書かれたプログラムを解析する。
Flash RemotingMX によりColdFusion MX と FLASH は連携しており、データベースより抽出されたデータはFLASHムービーファイル(拡張子.swf)へ引き渡される。FLASH ムービファイル内では、ActionScript8によってコンテンツの再生制御が行われている。FLASH ムービーファイルはHTMLに組込むことにより、Flash Player 9 が搭載されているブラウザで表示することができる。

・ColdFusionとは Macromedia社により開発・販売されているWebアプリケーションサーバソフトである。 
・Flash Remotingとは ColdFusionMX の機能のひとつで、サーバのビジネスロジックと FLASHのユー  ザーインターフェースを接続する機能である。サーバサイドのビジネスロジックの開発者と FLASHクラ イアントのユーザーインターフェース開発者は、Flash Remotingというゲートウェイを介することにより、 統一された APIを使用しお互いのコンポーネントを連携させることが出来る。
FLASH MX+ColdFusion MXリッチインターネット

投稿者 zhanghaiyan : 11:49 | コメント (0)