« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月28日

夏休み計画

夏休み計画

●チョウの体を学習できるように一匹のチョウは触覚、頭、胸、腹、足、翅六部分分けて、「チョウの体の診断検査」というパスルゲームを終わるようにします。

●チョウの各成長段階、植物との関わりを子供が認識できるように、「子供を探そう」というゲームを作成り、基本的な機能実現します。

●二つのゲームとも10種類のチョウを前提として作る予定です、なるべくデータベースと連携して、更新をできるようにに工夫したいと思います。

●先週、今までのことをまとめて、方向を決め、論文を書くための資料調査を行いました。
◎仮計画
研究まだ終わってないですが、夏休み入ると、真剣に論文を書き始めると思います。具体的には
→(八月一日〜八月15日)
ゲームを作成しながら、論文の目次を定め、論文全体的な輪郭を作成します。
→(八月15日〜九月上旬)
研究内容、目的、用いる作成方法flashの歴史の変遷、教育における役割などの内容をまとめます。
→(九月上旬〜九月中旬)
コンピュータによる学習支援システムの遍歴と既存教材の分析、評価をまとめます。
→(九月中旬〜九月下旬)
本教材の特徴およびflash教材制作と活用方法に具体的に論文に書きながら、来年卒研向けに発表の準備を行います。
→(十月以降)
研究の成果と今後の展望、論文の修正、できれば、十月末に論文大部終わるようにしたいです。

教材作りは夏休みまで、終わるようにしようと思っています。
機能の追加などは論文を作成しながら、します。


投稿者 zhanghaiyan : 13:03 | コメント (0)

2008年07月14日

2008年7月14日発表

先週したことは
いくつのサンプルを作りました。
●Actionscriptとxml連携してテキストファイルを読んで、クイズ問題の作成
●Actionscriptとxml連携して画像をよんで、簡単な検索機能の実現
●チョウの体の学習できるパスルゲームを試し作りました。

投稿者 zhanghaiyan : 14:47 | コメント (0)

2008年07月07日

7月7日セミナー

●先々週XMLの試み
引き続き、Flashよる階層構造データの表示について、いろいろ方法を試しました。よく分からないのは、どうすれば、データの入れ子になったデータとして認識され、解析してくれ、そのとおり表現していくのか。そこで、XMLファイルの形式で読み込みする方法でやってみました。
◎XMLファイルはツリーの構造で
2.gif
◎既存のファイルがXML形式に書き直す(四階層のツリー)
3.gif
 結果:旨く解析してくれたが、動きが旨くいかない。
flashの作成方法では、タイムラインとActionScript コード二つの方法あります。
タイムラインは動きなどに得意、ActionScriptは制御、外部との連携などが得意、普通のflash のゲームはこの二つのやる方法でつくりますが、今回の件は、タイムラインは使用できません、簡単な動きでも長いコードで実現しなければならない、ファイルを旨く解析してくれたが、動きが旨く行かない、
最初の考え、甘かったです。
画像の確認
●これからflash コンテンツ作成方法、更新方法を考え直す
今までのflashとデータベースの連携について、いろいろやってきました。
この前のWebサービスであるColdFusionのことばかり考えましたが、今回のこときっかけにして、XMLにさわることになって、XMLを利用すれば、flash とサーバの間の画像、テキストなどファイルをやりとりするのは難しくなくなり、flashコンテンツ作成の手間も省く、あとデータ更新も楽になれます。
たとえば
以前作ったflash版チョウ図鑑では、一匹一匹の蝶々が自分のプロパティを持っています、それがXML で定義すれば、同じインターフェースで済みます。
ゴミ分別ゲームの更新は以前すごくややこしいと考えましたが、以前のクラス(仙台市)を継承して、各県の違ったところだけ変更すれば、実現できるかもしれないです。
●今後
これから、やっはり最初の主旨で、flashとデータベースの連携を検討して、より作りやすい教育コンテンツを作成していきます。

投稿者 zhanghaiyan : 11:26 | コメント (0)