2007年01月29日

日中英環境教育用語集(纏め)

「目的」日中英環境教育用語集を作成するきっかけは、鵜川研究室所属、宮城教育大学大学院、堀米千春さんが作成した「インターネット環境家計簿」の中国語版を作成する際、環境に関する専門用語の翻訳のため、現時点でインターネット上の日中環境教育、環境学習に関するデータベースが少ないことが分かった。日に日に地域間での情報収集、環境協力のため、環境教育を学んでいる留学生たちや環境について行う学校教師や指導者のほか、家庭や地域の方々をも対象に、インターネット上の環境教育・環境学習に関するキーワードを提供します。
「方法」
❶現存中国、日本インターネット上の用語集を調べる
現存の環境用語集を調べ、
EICネットの環境和英対訳集
http://www.eic.or.jp/library/dic/index.php
環境gooのわかりやすい環境用語集
http://eco.goo.ne.jp/word
Enviroasia日中韓国環境情報サイト
http://www.enviroasia.info
比べ、日本、中国で入手できる外国の環境情報は英語によるものがほとんどということがわかった。日中の間、環境教育交流の土台を立ち上げるのために、キーワードと用語集を作るようになった。
❷良い機能を参考する
辞書のように、日中英の環境用語を対訳できるようにする機能と50音順で二つの検索機能を組み合わせる。
❸新たな機能の追加
単語の対訳だけない、日中英の簡単な解釈も付ける。
「問題点」
❶語源の基準、分野と範囲
用語を収集するルートを考え、現段階では、インターネット上での語源を参考し、環境教育むけの用語収集することにした。
❷著作権への配慮
語源はインターネット上の用語を参考したので、なるべく、簡潔にし、翻訳して、引用という形で使えるようにすることにした。
❸日本語の精度,及び訂正
簡潔した日本語は正しいかとうか、研究室学生さんの協力をもらって、日本語解釈部分をチェック、訂正する。
「今後」
❶用語の充実
データを収集し、用語を補充して、環境分野で広い範囲に充実していきたい。
❷機能の完備
googleのように、検索用語の入力中に、つづりの候補が表示され、矢印キーで選択して検索結果ページを表示できるというsuggest機能を付けたい。

日中英環境用語集

投稿者 zhanghaiyan : 13:02 | コメント (0)