ダンゴムシやワラジムシは,昆虫でも,クモでも,ヤスデやムカデの仲間でもありません。実は甲殻類といってエビやカニと同じ仲間です。甲殻類は、触角が2対あるのが特徴ですが,ダンゴムシやワラジムシは1対しかないように見えます。でも,虫めがねで触角(実は第2触角)の根元を見ると,かなり小さな第1触角があるのがわかります。

 また,甲殻類の胸の脚は8対ありますが,ダンゴムシやワラジムシの脚は7対しかありません。しかし,ダンゴムシやワラジムシは最初の1対が口に変化し,残りの7対が歩く脚になりました。ちなみに,エビやカニでは,最初の3対が口の一部になり,残りの5対が歩く脚になっています。

      オカダンゴムシ 
ワラジムシ
 
contents