« 先週やった事 | メイン | Microsoft AppLocale »

メールサーバの設置する手順

一、サーバの設定:
1.「ArGoSoft MailServer Plus for WindowsNT/2000/XP」は下のページからダウンロード
2.インストールする
3.ツールバーの、(Option)のところをクリックすることで設定ができます。
4.DNS Serverの設定
5.外部ネットから、メールをやり取りできるようにRelayをチェックする
6.Local Domanを入力する。
7.Web Interfaceの設定
 他のアプリケーションが使っているポートを設定すると、重複して動かなくなりますので、さっきチェックしてから、Web Interfaceを設定。
8.サーバのログデータを選択する。
9.サーバのログデータを選択できます
10.Enable SMTP Authenticationの設置が必要で、、すべてのユーザに対してメールのリレーを許可したことになります。
11.Require Authentication for Distribution Listsこの項目が登録しておいた複数のアドレスへ配信できるようになります。
12.メール1通あたりのサイズが最大で0から無制限まで、普通が5MBを設定する。
二、ブラウザからの設定
1.ブラウザ、マシンのIPアドレスと上で設定したポートを入力する。
出てきた場面から、登録して、ユーザの情報を(名前とIPアドレス)入力して、更新してから、メールサーバの設置ができあがりです。
注意こと:
web interfaceの設定、ブラウザからアクセスのポートと同じポートです。
firewall:メールサーバの運用のときが25、110ポートのチェックをはずしないと、ポートが使用してると問題が出てきますから。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1033

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)