インストールの手順に関して記載していきます。

研究で使用したLinuxはFedora coreという種類のものであるので、それについてのみ記載しておきます。
まず、Fedora coreのインストールの為にisoイメージファイルを手に入れてこなければなりません。
<http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/>にアクセスすると、
Fedora core1〜6までのイメージをダウンロードすることができます。
(1〜6のフォルダ→i386→iso→を選択)

あまり無いことだと思いますが、ダウンロードしてきたファイルが破損している時があります。
(それを検索する為の方法として、 SHA1SUMをイメージがある場所にダウンロードしておき、
Windows用のsha1sumコマンドをこれもまた同じくイメージのある場所にダウンロードします。
sha1sumのコマンドで、SHA1SUMチェック実行することで破損しているかどうかを検索することが
できるらしいです。残念ながらそれは実行していません。仮に破損していたとして、インストールの
時に失敗し破損が分かってから再度ダウンロードしてくるのも大して変わりないのかもしれません)
DVD、discという二種類のイメージがあり、どちらも結局は同じ物のはずです。
なお、CD1枚目に該当するイメージはそれ単体を読み込ませるとレスキューモードを
起動させることができます。

当然のことながら、イメージのままでは読み込ませることなどできないので、
ダウンロードしてきたイメージをCD(またはDVD)に書き込み、インストールCD(DVD)を
作成します。研究室内にあるパソコンにNeroが入っているものがあるのでそれを使用して作成します。
また、フリーのライティングソフトもあるようなので、それでも問題ないと思います。


ディスクを作成したら、インストールします。電源をつけて、CD(DVD)を
読み込ませます。インストール後の設定に関してはそれぞれあると思うので
ここでは割愛します。


 Fedora JP Projectオフィシャルサイト
 :上に上げたサイトの他、多数のミラーサイトなどがあり、そこからイメージファイルを
  ダウンロードしてくることができます 。