その他について

とりあえず研究の引き継ぎに関して
一応マウントまではやれたものの、肝心のデータは消え失せてた模様。
当然ながら、そう都合良く全部が残っている訳ではないということ。
しかし、ハードディスクに復旧コマンドをかけてやる事でどれくらいかは分からないが
いくらかはデータが復元されているはず。

よって、研究の引き継ぎ
  ・ハードディスクに復旧コマンドを使用、(復元できているなら)データを抽出してサーバを構築、再公開
  ・今後ハードディスクが使用できなくなる状態を避ける為にディスク管理のツール等を使って、
   ダウンする前に警告メールを出したりするなど、異常を感知できるようにする

 復旧のコマンド : fsck  
 らしいのですが、確認するまで行えなかったので正確なコマンドは残念ながら分かりかねます。
 地道に試してみるしかないかもしれません。

ついでにWebフォトギャラリーについて少し
    取材当日に編集するのであればともかく、何日か、もしくは月単位で編集が遅れた場合には
    編集した日付を消しておくか修正しておいた方が見た目によいと思われます。また、撮影日などの
    情報の付加やWebページのタイトル表記も記入しておくとモアベター。
  あえて記す程の事ではないがやり方について
   :アプリケーション起動⇒ファイルを選択⇒Webフォトギャラリーを選択、
        バナーの サイト名(と日付)を変更
        (写真の枚数が多い場合は)サムネイルの列数、行数を適宜変更する
        拡張子は.html形式を選択しておく方が多分良い
      他にもいくらかカスタム可能ではあるが、 その辺は編集者の好みでやればいいのでは。
      やった方が良いと思う事のみ記述してあるが、別に必ずやればいいという訳ではなく
      別にデフォルトの設定のままでも構わないと思います。
    

 

参考にしたページ

Fedoraで自宅サーバー構築

sanonosa システム管理コラム集

Red Hat Enterprise Linux 3: システム管理ガイド

Logical Volume Manager HOWTO(場合によっては文字エンコードを変更する必要有)