卒業研究中間発表に向けて必要となるのは以下の2つである。

発表ムービー

発表レジュメ

鵜川研究室では伝統的にムービーでの発表を行っている。ムービーで発表を行う事の最大の利点は、厳格に制限された時間の中で確実に伝えたい事を伝えられる事にある。時間が余って、あるいは足りなくて惨めな想いをする事はないし、言いたい事をビジュアルやアニメーションを交えて、自分の納得する最も成功したナレーションをくっつける事が出来るのである。

発表レジュメはムービーでは説明できなかった事を補足的に、かつ詳しく記入するものである。ムービーはその場限りで人々の記憶から消え去ってしまうかもしれないが、発表レジュメはその人が捨てない限り手元に残る。それ故に誤字、脱字などのミスは当然あってはいけないし、間違った事を書いてもいけない。ムービーでは伝え切れなかったことや、手元に残してもらいたい内容がそこに書かれる事が望ましい。

これらは、数学教育専攻・情報数理専攻合同卒業研究中間発表会での例なので、新カリキュラムの発表会で必要となる資料は上記2つとは限らないが、参考としてその作成方法を紹介する。

このページはF8の先輩方が作成したノウハウのページを参考にしつつ、仕様ソフトの最新バージョンに合わせて加筆修正を行ったものである。オリジナルも参考にされたい。