« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月03日

中間発表終了!!

中間発表が水曜に無事終了しました!
みんなからどんな反応がくるのか不安でしたが、好評だったみたいなので、よし!とします^^♪

今回の発表で使用した動画や要旨などは全て「Aya-Materia-Page」に掲載してあります。

今後は、以下に取り組んでいく予定です。
・『絵画の杜』に絵描き歌教材で使用したソフトの紹介を載せること
・中間発表のコメントのまとめ
・教材を利用した授業の提案
・音楽科教材の作成

2010年12月09日

こがねむしは金持ちだ〜♪

今週は『絵画の杜』に”絵描き歌”で用いたフリーソフトの紹介を作成をしました。
ペイントツールソフト以外にも、作曲ソフトも載せました。
今回もJINGで動画を入れておきました。

また、音楽教材(リコーダー)にとりかかろうとしたのですが、なぜかmovファイルがiMovieで開けず作業が止まってしまいました。
構想としては、とりあえず、もとのリコーダー動画の上下逆にしたものを組み込んでみようとしています。そして、実際効果がありそうかは検討してみたいと思っています。

☆来週やること☆
音楽教材と授業の提案・模擬授業をします。
模擬授業、ご協力お願いします^^♪

2010年12月15日

初雪2010!!

ついに降ったねー雪!!
この前の雪虫は嘘じゃなかったってことですな!
 
 
 
 
今、音楽の教材作成してます。リコーダーの指導で使う動画教材の改良をしています。
目的は、『この現状の動画(正面)をもっと演奏者に近い目線にしたい』です。

そこで、案として・・・
とりあえず、演奏している動画を上下逆したものを作成して検討してみよう!!
ということで、取り組んできました。

【第一段階】
この現状の動画(正面)は、ダウンロード不可だったので「キャプチャしてiMovieで編集しよー!!」と思ってやってたんだけど、録画が出来ても録音を同時に出来なかったりで、ソフト探しに2日くらいかかってしまった・・・!Σ( ̄□ ̄;)
(おかげでキャプチャーソフトにはどんなんがあって、どれがオススメなのか分かってきた・・・・・(゜◇゜)エッ!!w)
 
 
そして、この試行錯誤中に作った教材がこれ(Keynote)
これは、まず録画だけをスクリンクロラでやって、あとはQuickTimeでiSight使って録画してKeynoteで合成しました。
でも、この教材にはいっぱい問題点があって、
一、全体のキャプチャと演奏部分のキャプチャを別々に録画したからスピードが上手く合わない。
一、スクリンクロラの性質上、途中で重くなったりして急にゆっくりになったりする
一、録音の音が鮮明じゃない
一、録音の音と動画が合わない
などなど、たくさんありました。
 
 
 
【第二段階】
そこで、「やっぱり録画と録音が出来るソフトがないと上手くいかない!!」と思ってソフトを探してたら・・・
な、な、なんとQuickTimeXだと画面の録画・録音が可能だったみたい。
まさに、灯台下暗し!!!!
さっそくキャプチャしてみたら、画質良し!音質良し!Good job QT!!!
これからはキャプチャソフトいらないねー♪なんて思ってました。
 
 
でも、そーはいかないもんなんです。QTはFullScreenでしかキャプチャ出来ないから、今度は動画をトリミング出来るソフトが必要になるんですよ。

そこで、またもや色々調べてたらiMovieでトリミングも回転も出来るみたいなのでさっそくiMovie使って編集してみました。
それがこれ(Keynote)
でも、iMovieのトリミングは4:3の比率でしか行ってくれないから、上手く演奏部分だけをトリミングすることは出来なかった。(見てもらえると分かります。)
 
 
動画をトリミング出来るいいソフトがあるといいのにな♪
 
 
 
んで、検討した結果を言うと、上下逆にしただけでは理解しやすくなったとは言えない(-ε-)
だから、アングルを研究して演奏動画を取り直す必要があることが分かった!
そこで、誰かリコーダー持ってません?綺麗にして返すから貸して欲しいなー♪


スクリーンキャプチャソフト

ここで、一口メモ!

スクリーンキャプチャソフトの研究結果をまとめておきます。

結果はこのようになりました。
1:Snapz pro x(録画/録音可能)〔有料〕
2:iShowU(録画/録音可能)〔有料〕
3:Quicktime X (録画/録音可能)Mac os X
4:Jing(録画/録音可能)〔Free(*swfのみ、mp4は有料)〕
5:ScreenCrawlers(録画可能)〔Free〕
6:Copernicus(録画可能)〔Free〕


以上。個人的な目的および個人的主観を含んでおりますm(_ _)m

2010年12月16日

ぽやんとした日。

授業提案を密に計画しました。


題材:パラパラ漫画
目的:パラパラ漫画を使用する前と使用した後での動きを二次元に表現する能力の効果について

流れ:
走っている人orハードルを跳んでる人の絵を描く
    ↓
お互いに比較する
    ↓
走っている人orハードルを跳んでる人のコマ送り(実写)をみせる
見ながらパラパラ漫画を作成
    ↓
ランダムに選んだコマの絵を描く

この授業は意味があると思いますか?
他に私が提案してきた教材を用いた授業で何かいい案はありますか?

2010年12月21日

永遠の3年生、鈴木綾

先生にリコーダーを借りたのでさっそく撮影してみました。

撮影したものがコレです。(動きだけなので、音声は入ってません。)

見てもらえると分かるように、意外に見ずらいものになってしまいました。

新たに思いついたのは、スケルトンのリコーダーを使って運指をみる方法です。しかし、簡単に手に入った時に行いたいと思います。

絵描き歌の作り方(改)

①ペイントソフトを用いて絵を書く。
②①の様子をJING(Freesoft)を用いてキャプチャする。
 Quick Timeでもいいです。
③②の動画を見ながら歌詞を考える。
④③の歌詞をもとに作曲をする。
 作曲をする時は、鼻歌(ソング頼太)でも替歌(オリジナル)でも、作曲ソフト(orpheus)を用いてもいいです。

楽しい絵描き歌をお待ちしています♪

About 2010年12月

2010年12月にブログ「Aya BLOG」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。