« スクリーンキャプチャソフト | メイン | 永遠の3年生、鈴木綾 »

ぽやんとした日。

授業提案を密に計画しました。


題材:パラパラ漫画
目的:パラパラ漫画を使用する前と使用した後での動きを二次元に表現する能力の効果について

流れ:
走っている人orハードルを跳んでる人の絵を描く
    ↓
お互いに比較する
    ↓
走っている人orハードルを跳んでる人のコマ送り(実写)をみせる
見ながらパラパラ漫画を作成
    ↓
ランダムに選んだコマの絵を描く

この授業は意味があると思いますか?
他に私が提案してきた教材を用いた授業で何かいい案はありますか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2497

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月16日 18:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スクリーンキャプチャソフト」です。

次の投稿は「永遠の3年生、鈴木綾」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。