« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月 アーカイブ

2010年09月02日

残像映像作成

残像映像を作成しました
まず、元の動画から0.2秒間隔で静止画を書き出し、元の動画にそれぞれの間隔ごとに貼りつけました。

残像映像は、作ることはできたのですが時間がかかってしまうので、
実際に教育現場で使うにはもう少し作業を減らして使いやすくする必要があると思いました。

また、残像がいまいちはっきり残らないので、次は背景や服なども考えながら撮影しようと考えています。

2010年09月07日

動画の明暗付けと残像映像作成

先週のゼミで重ね合わせ動画にもっと明暗を付けたほうがいいというコメントがあったので、
修正してみました。

また、画面上に2つの動画を見せたあとに重ね合わせてみてはどうかというコメントもあったので、
一応作ってみました。

今週はさらに、残像映像も作ってみました。

また、体育の池田先生に巻尺を借りる許可をもらいに行くついでに、ライン重ね合わせ動画の
途中経過も見てもらいました。
50mの撮影の仕方は、ズームなどの機能を使わずに50mが入るように撮影したほうが
編集しやすいすいのでは、というアドバイスをいただきました。

2010年09月14日

背景と服装を変えての動画撮影と重ね合わせ動画と残像映像作成

今週は雨の日が多かったためライン重ねあわせ動画ではなく、重ね合わせ動画と残像映像に取り組みました。

以前に出た改善したほうが良いポイントを意識しながら、動画を撮影しました。
前回撮影した場所よりも少し明るい場所にマットを置き、撮影してみました。
また、着る服を黒にして撮影し、前回の重ね合わせや残像映像と比べてどっちが比較しやすいか、
見やすいかを試してみました。
ついでに緑色のマットがあったので、そのマットではどうなるのかも試してみました。

重ね合わせ動画と残像動画を作成するときに、通常のスピードで流すと速すぎてよくわからないと感じたので、
動画の速度を50%にして作成しました。
そうすると、少しは見やすくなりました。

重ね合わせてみると、自分では前回よりも見やすく、比較しやすいのではと感じました。
残像映像は、見やすさは前回とあまり変わらない感じで、あまり見やすくなりませんでした。

やはり、背景が茶色では重ね合せる動画の透明度を高くするときに肌の色と同化してしまうので、
明るさとかではなく、背景の色自体を変えなければいけないのかなと感じました。
マットはどちらでも見やすさはあまり変わらないように感じました。

1つ思いついてことは、大きなマットを壁において、それを背景に撮影をするともっと見やすくなると思いました。
また、次の撮影では白い服でも試してみようと思いました。

2010年09月20日

撮影条件

重ね合わせ動画を撮影するときの条件
・服の色は白、黒。ついでにえんじ色と紫も撮りました。
・背景は白と壁に緑色のマットを置いて撮りました。
・明るさはカーテンを閉めた時と開けたときを分けて撮りました。

2010年09月21日

いろんな条件での重ね合わせ動画と残像映像作成

今週は服と背景と明るさの条件をいくつか挙げて撮影してみました。
撮影は栗木君とあゆみ君に手伝ってもらいました。

そのいくつかの条件で撮影した動画を使って、重ね合わせ動画と残像映像を作成して、
どの条件が比較しやすいのか試してみました。

背景が白だと、服装は白よりも黒のほうが人の形がはっきり出ていて重ね合わせ動画も残像映像も比較しやすいように感じました。
また、黒でなくても濃いめの色であれば白よりは比較しやすいと感じました。

背景が緑でも服は黒のほうが比較しやすいのですが、背景が白のときと比べると
少し比較しにくくなっているように感じました。

明るさはカーテンを閉めたときと開けたときの2つの条件で撮影したのですが、
カーテンを開けると全体が暗くなってしまって、人自体見えにくくなってしまったので(撮影方法を変えると暗くならないかもしれませんが)、
カーテンは閉めたほうがよいと思いました。

今回の条件では、重ね合わせ動画や残像映像の作成で、服の色が白の場合、服が透けてしまい、
比較しづらかったのですが、描写モードを変えることで少しは見やすくなりました。
服の色が黒のときも試してみたのですが、あまり変わりませんでした。

今回、表現棟の2階が使われていて背景が茶色の場合ができなかったので、
次回は背景を茶色で撮影したいと思います。

あと、晴れの日にはライン重ねあわせ動画撮影にも取りかかりたいと考えています。

背景が白で服を黒にして、鉄棒ととび箱も撮影したいと思います。
あと、3つの角度からの撮影をしたいと思います。

2010年09月28日

とび箱の撮影と動画編集

今回は背景が茶色でのマットの撮影ととび箱の撮影をしました。
今回はあゆみ君に手伝ってもらいました。

マットの撮影は服の色を白と黒で行ないました。
白は意外と見やすかったように感じました。

とび箱は背景が茶色の場所に白いマットを置いての撮影と壁自体が白の時の撮影をしました。
また、アングルも変えて撮影してみました。
マットをおいてでの撮影は白い部分の範囲が狭いし、アングルを変えるとマットも移動させなければいけないので、
背景が白で広い場所で撮影できればいいなと思いました。

今後は、とび箱をもっと広い場所での撮影と鉄棒の撮影をしたいと思います。

☆コメント
・最も良い条件(背景が白、服装が黒)で撮影を進める。
・木下先生に見せるための動画をピックアップしておく。
・卒論などで説明するときに注意事項や条件を付け加える。(体育館の条件など)
・動画を見せるとき、動画の速さも考える。

About 2010年09月

2010年09月にブログ「kouki のブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年08月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。