« タイトルに画像を追加 | メイン | フレーム数を調べてポイント移動動画に適用 »

腰の位置にポイントを打つ

今週は雨で50m走の撮影は出来なさそうなので、
今日は、腰の位置にポイントを打つ作業を50m走(横)で行いました。

横からの動画だと、斜めの動画より角度を気にすることがないので、
腰の位置の下にポイントを打ち込んでいけばいいので簡単に打てました。

5フレームずつ動画を動かして、腰の位置にポイントを打っていきました。
そして、ポイントが打たれたタイトルの静止画を5フレームずつ繋げて作成しました。

すると、速度の変化が少しは分かる動画を作成することができました。

また、今回はポイントの軌跡が残るように作成してみました。
軌跡を残す方法は、タイトル自体の設定を変える方法と
動画に静止画を組み込むときの組み込み方を変える方法の2つの方法があります。


前回、パワーポイントでも一定の速度でポイントを動かすことはできるかもしれない
ということだったので、パワーポイントでポイント移動動画を作成してみました。

しかし、アニメーションでポイント動かすことはできましたが、ポイントを動かす時間の設定ができなかったので
パワーポイントでポイント移動動画を作るのは厳しいと感じました。


☆これからすること
50m走(横)で、カラーコーン間のフレーム数を調べて、一定の速さのポイント移動動画に適用する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2493

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月14日 17:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「タイトルに画像を追加」です。

次の投稿は「フレーム数を調べてポイント移動動画に適用」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。