« とりあえず一安心ってことで… | メイン | 最近寒すぎですよね… »

専用サーバがついに…

こんにちは
今日もさわやかな天気で気持ちがいいですね☆彡
★前回の課題
<研究資料Web公開>
なおやのページに「Research」を追加しました。ここで卒業研究の用紙・スライドを見ることができます。またzip形式にしてダウンロード可能にしているので必要な時期になったらダウンロードして使ってくださいw
<中間発表質問/感想まとめ>
中間発表の用紙をまとめました。主に質問・疑問について記録しています。
・ バーチャル修学旅行は具体的にどのようなことが出来るのか?

・ 誰でも作れるようになったらいい
→現在マニュアルを作成中
・ 楽譜を指すと音楽が流れる教材がほしい
→やってみます!!文字を認識してくれれば可能かと…
・ 技術分野でも生かしてほしい
→技術の教科書を使ってやってコンテンツを作成する予定です。
・ 特別支援の方で大いに活用できるのでは?聴覚や言語障害児などの教育に応用することも可能では?
→特別支援の方にも相談してみてコンテンツを作成できたらなと思います。
・ 観光地や施設の説明をすることもできるのでは?
→可能だと思います。
・ 郷土料理Mapや名産品Mapなどができたら面白そう
→ぜひ作成してみたいと思います。
・ 子ども一人ひとりにカメラを渡さなければならないことは少し問題だと感じる

・ 地図上にマーカーを置くと地図が見にくい
→大きな地図でやるかマーカーを小さくするかで対応していこうと考えています。現在どのように生かしていこうか検討中ですのでまた異なる方法で対処するかもしれません。
・ マーカーを作るのと画像にタグを付けるのとは作成時間などに差が出るのか?
→マーカーを作るのは簡単なのでほとんど時間がかかりません。作業が慣れていないとタグの作成に時間がかかると思います。
・ 位置情報につけるタグはどのくらい詳しく設定できるのか知りたい
GPSの精度によるので現在だと少なくて2m多くて10m程度の誤差はあります。
・ 一つの画像にタグをつけるのに何分くらいかかるのか?また短時間に作成するにはどうすればいいか?
タグを作成する時間は慣れてくれば30分程度で出来ます。外部に公開するためのファイルを置く位置や設定に一番時間がかかるため、一つのタグを作ってしまえば同じチャンネル内であれば他のコンテンツも簡単に作成できます。
・ どのような機能が特徴か知りたい
→教科書とカメラがあれば子ども達だけでARを利用できる環境を作ることができること
・ 能率が下がる気がする

・ どのメーカーのスマートフォンでも使用は可能か?またDSでもできれば面白いと感じた
→すべてのスマホで検証を行なっていないので定かではないのですが、ほとんどの端末で使用できると思います。DSで利用できれば楽しいのですが現段階でDSはできない感じです。
・ 海外ではどのような目的で使われているのか?

・ 教育に便利さを追求していった際のデメリットは?

・ サーバ構築の簡略化に課題!?
→マニュアルを作成します
・ 教科書の画像をARの図として保存記録してるのですか?読み取る場合図をどのように読み取っているのか疑問に思った

・ 利用法をもっと知りたい

・ やることと時間が不釣合いというように思う

<今後の計画見直し>
10〜11月:①マニュアル作成・評価②LLAマーカー利用③GLUE様々なコンテンツ作成(動画・3D)
12月:論文執筆
☆次回の課題
・マニュアル作成
・LLAマーカー利用法
・3Dコンテンツの作成方法

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2615

About

2011年10月13日 11:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「とりあえず一安心ってことで…」です。

次の投稿は「最近寒すぎですよね…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。