« アプリ開発しました | メイン | 進捗状況 »

先生方とディスカッションしました!!

今日は、朝に先生がたとお話させていただきました。

とても貴重な意見や、いろいろなアイディアがでてきてよかったです。
できれば、これからも参加したいなと思いました。

さてさて、思ったのですがやはり現場としては、先生方も変更等が
しやすくなおかつ使いやすいことがベストだということです。
また、先生方にとってアプリは作るのに敷居が高いということも知りました。

「先生が作りやすい」、「改変等がしやすい」、「子供たちに伝えやすい」
これらが最重要ポイントだと感じました。

それを受けて今日は「epub」というのを紹介します。
簡単にいうと、「電子書籍の規格」です。
日本は文庫の文化があるので、あまり電子書籍への反応がうすいですが、徐々に
変化しています。
ざっと内容をまとめてあるサイトがあるので参考に
http://www.publickey1.jp/blog/11/epub.html

epubで私が注目したのは、「文字(本のように)」、「動画、音声などのリッチテキスト埋め込み」、「ハイパーリンク」です。
さらに一番のポイントは、pages(word的な)で書き出しができ、なおかつipad、androidといったデバイスに依存しないという特徴があります。(一部それぞれのデバイスでできないのもあり)
つまり、作成者はどの端末で使うかを考えず、今までのようにpagesといった文書作成ソフトで自分で書籍をつくることができるのです。

教材、特に教科書というのは書籍です。つまり、あらたにデジタル教材を開発するとき電子書籍は相性がいいのではと思いました。
まだまだ調べてみないとわからないので、来週までにできたら試作品を完成させてみたいと思います。「epub」もしかするとかなりいい教材開発ができるかも!?

ここからは、Air pray についてです。
先生方の要望の中に、無線(手軽に)電子黒板やtvに画面(ipadなどの)を移すことができたらいいというのがありました。
しかも、学校にipadをできたら導入したいというのがあったので、「Air prayによるミラーリング」はどうかと考えました。
このミラーリングはipad2、iphoneなどの画面を無線で映すことができます。
それを可能にするのが「apple tv」です。詳しくはこちら
http://iphone-meister.info/howto/airplay-mirroring-iphone4s/

さらに教室での参考に
http://blog.livedoor.jp/canpycanpy/archives/52032420.html
http://www.urasoe.ed.jp/uraken/jog39uez9-81/#_81

頑張ればできそう!!1


About

2011年10月27日 10:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アプリ開発しました」です。

次の投稿は「進捗状況」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。