« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月30日

もしGoogleにCUIがあったら

もしGoogleにCUIがあったら@cles::blog

Ajaxで作ってるらしい。
すごーい。

Goosh goosh.org - http://goosh.org/?lang=ja

2009年09月26日

CentOSにPerlモジュールインストールメモ

新たにインストールしたもの

以下CPAN利用。
・Bundle::CPAN
・URI
・XML::Simple
・Web::Scraper(エラーが出るのでforce install)

2009年09月22日

続・macでapacheが403 Permission Error

昔のエントリ「macでapacheが403 Permission Error」に引き続き。

前回のエントリでも書いてある通り、あの時はあの時で解決できたはずなんだけど、
いつの間にかまた、http://localhost/~username/にアクセスすると403エラーになる。
You don't have permission to access /~username/test.php on this server.

何とか解決したので備忘録的なメモ。

まず、/etc/apatche2/httpd.confを見てみる。
前回直した Allow from All はきちんとそうなってる。

ぐぐってみると、LeopardにアップグレードするとWeb共有できない!って問題があるみたい。
でも私、Leopardからしか使ってないし…。
と思いつつも読んでたら、どうやらLeopardになった際にapache2になってファイル構成が変わった、
具体的に言うと、ユーザ名.confを /etc/httpd/users/ から /etc/apache2/users への移動が必要だから、
それをしないと「ユーザ用の環境設定ファイルが見つかりません><」ってことみたい。

ふーん、でも関係ないし。。。だってアップグレードしてないし。。。
とか思いながら一応 /etc/apache2/users を見てみたら、フォルダの中身が空。。。

これかーーーーorz

ってことで、ユーザー名.conf をtouchして中身を書いた。
$ cd /etc/apache2/users
$ sudo touch ユーザ名.conf
$ sudo vi ユーザ名.conv
--------------------------------
<Directory "/Users/ユーザ名/Sites/">
Options Indexes MultiViews
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

で、apache再起動したら無事表示されるようになりました。
しかし、アップグレードもしてないしファイルを消した覚えも無いのに何でこんなことに。。。

2009年09月14日

MacOSのTerminalのフォントを綺麗にした

ターミナルのフォントがギザギザしてて何か微妙だったんだけど、
まぁこんなもんかと思って気にしないでずっと使っていました。が。

ターミナルの環境設定>設定>テキストタブ の所に、
「テキストをアンチエイリアス処理」という項目を発見。
なんとなーくチェックしてみたら、フォントが可愛くなったw

off⇒on

※追記
「アピアランス」をいじることで更に好みに変えられるそうです。
SnowLeopardで、ターミナルのフォントをキレイに表示する - a2c.get.diary

2009年09月13日

SnowLeopardのstackをカスタマイズ

Applicationフォルダをstackとして登録しておくと便利そうなんだけど、
(アプリケーションのフォルダをドラッグして、Dockのゴミ箱の隣に突っ込めばOK)
Leopardだと初めのいくつかが表示されてあとはFinderで探してねってなるのでほとんど意味無い。
と、思って結局使ったことが無かったんだけど、SnowLeopardになってスクロールされるようになったらしいのでもう一度突っ込んでみた。

う〜ん、確かに全部表示されるようにはなったけど、やっぱり多くて使いにくい…。

で、ちょっとぐぐってみたら、最近使ったアプリケーションをStackに入れられるらしい!
これは便利そう!ということで、早速やってみた。(Leopardでも可能)
以下のコマンドをTerminalで打ち、killall Dockする。
$ defaults write com.apple.dock persistent-others -array-add '{ "tile-data" = { "list-type" = 1; }; "tile-type" = "recents-tile"; }'
$ killall Dock
すると、stackにRecent Applicationが出現。いいね!
けどデフォルトだと最近使った項目が10個しか登録されないんだよねー。増やしたい。
システム環境設定>アピアランス にて設定。とりあえずよくばって30個。笑

あとついでにマウスオーバー時にハイライトできるみたいだからしておこう。
元に戻す場合は、NOにすればいいみたい。
$ defaults write com.apple.dock mouse-over-hilite-stack -boolean YES
$ killall Dock

するとstackはこんな感じに。いいねいいね。


で、次にアイコンのサイズがもう少し小さいと嬉しいな〜と思ったんだけど、これはまだ出来ないみたい?
Snow Leopard Application Stack Big Icon Size Problem

あとは、最近使った項目のstackにもカバーアイコン(っていうの?)が設定できれば嬉しいんだけど、
何か方法はないかなぁ??
⇒stack用カバーアイコン:DRAWERS Icon

2009年09月12日

SnowLeopard で嬉しかった新機能

家のmacbookにSnowLeopard入れてみたけど良いですよ!
Leopardからのインストールだったけど、ほんと超簡単だし!
(インストールするけど良い?って聞かれてハイって答えるだけで環境そのままアップグレード)
しかもLeopardのOSが約12.2GBもあったのに、Snow Leopardでは約5GBまでスリムに!凄すぎ!

で、今日はちょっと気晴らしにSnowLeopardをいじってみた。


■Finder関連
今までFinderでファイルを検索する時HDD全体を検索するので遅かったんだけど、
SnowLeopardではデフォルト検索を「現在のフォルダ」にできる!


■メニューバー関連
・日付を表示できるようになりました。
アップルメニュー>システム環境設定>日付と時刻>日付のオプション

■アプリケーション関連
・プレビュー
どんどん便利になってくプレビューですが、snow leopardではスクリーンショットも撮れるように。

プレビューでスクショ撮れると何が良いって、そのまま編集作業できること。
ただちょっと不満なのは、アクティブ状態でスクリーンショットが撮れないこと。
まぁアクティブ関係なしに取りたい場合はこれで効率よく作業できるんじゃないかなあ。
あと境界線が書けるとなお嬉すい。

・Quick Time
Quick Timeもかなり変わったみたい。動画編集できるらしい。
嬉しかったのが動画キャプチャできるようになったこと!めっちゃ簡単だし。

内蔵マイクを使って声とかも入れられるっぽい。


■Dock、Expose関連
これはね〜、便利になった!
礼儀正しく整列されるだけじゃなくて、最小化してるものまで表示されます。
しかも名前付き。しかもしかも枠線ハイライト付き。

また、Expose時にquicklookを使うこともできるから沢山開いても大丈夫!

Dockのアイコンを長押ししたり、Expose時にTabキーを押したりすることで、
アプリケーションごとのExposeをすることも可能なので探しやすくなったっぽい。

ってな感じでかなりいい感じです。何より早いし!!!

2009年09月07日

CentOS SSHアクセス制限

ssh(っていうか全部)のアクセス制限をかけました。
$ cd /etc
$ ls
で、「hosts.deny」と「hosts.allow」があることを確認。
手順は、まず初めに「hosts.deny」で全てのアクセスを拒否。
その後許可するホストを書く。
$ vi hosts.deny

--hosts.deny--
#以下を追加
ALL:ALL

そしたら、
$ vi hosts.allow

--hosts.allow--
#以下を追加
ALL:許可したいホスト名

いや〜、allowだけでいいのかと思いきや、denyも必要なんですね。
危ない危ない。

2009年09月03日

Unicode::Japaneseを入れてみた

先生が、「やったことをブログに書けって言ってるのになかなか書かない」と
3年生に言っていたので、心にグサっときつつこそこそ久しぶりのエントリ笑

perlモジュール「Unicode::Japanese」をインストールしました。
最初、CPANで入れようとしたんだけど、何か上手く行かないから手動で。

以下手順。
公式から「Unicode-Japanese-0.46.tar.gz」をダウンロード。
READMEを読むと、
perl Makefile.PL
make
make test
make install
してねと書いてあるのでその通りやる。
ただ、make install 時にパーミッション無いからwriteできないよ!と怒られたので、
そこは「sudo make install」で対応。

あとはこれを使ってコードを直してみる。。
日本語マニュアルは、Unicode::Japanese - 日本語文字コード変換にあるんだけど、リンク切れてる…
キャッシュ残ってたからそれ見ながらできるけど。