« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月27日

UIにスタイルシート当ててるよ!

学会が迫ってきているのに何やってんのやら笑
いいんです、息抜きです。
これから時間をかけて発表練習します。

でもWebサービスっぽくなってきててちょっとテンション上がるーー

2009年11月26日

「DVD Knife」が便利そう

めもめも。

『DVD Knife』は全部リッピングしなくても、部分抽出ができる!
http://www.lifehacker.jp/2009/11/091124dvd_knife.html

2009年11月19日

最近は寒いですねー

・めるまができました
 先週、大カテゴリーごとに配信できるものの、小カテゴリーは未対応という話をしましたが
 何とか作り終えました。
 部品は一応完成したので、あとは繋げるだけで動くはずです。
 まぁ細かいことはまだあるんですが、様子を見ながら徐々に機能追加していく感じで。

・4年生に負けじとプレゼン資料作ってます。
 大まかにはできてきましたが、もうちょいかかります。
 今日明日じゅうに仕上げるのでご指導宜しくお願いします。

2009年11月15日

休憩:12月に期待

こないだのゼミで自分のiGoogleを晒してしまい恥ずかしい思いをしたんですが。
bijin-tokei + binan-tokei

最近気付いたけど、美男時計より美人時計の方が好みかも。笑
まぁ12月にフランス・パリ版が出るみたいだから即行乗り換えるけどねー。

2009年11月13日

macでパスワード付きzip圧縮をしたいとき

これは凄い!っていうかこれは便利!
諸事情でフォルダにパスワードをかけてzip圧縮をしたい。
(zipの良い所はwinでも解凍できるとこ。tarとかはmac同士ならいいけどね…)

右クリック⇒圧縮とやると、パス無しの圧縮になるので、
パス付きを実現するには何かソフトを入れなきゃダメかなと思ってたんですが、
どうやらコマンドで出来るらしい。

例えば、「test」というフォルダをパス付き圧縮して「test.zip」としたい時は以下。
「-e」はパスワード設定、「-r」はディレクトリを表す。
そして、解凍もコマンドラインで行います。
# 圧縮
$ zip -e -r test.zip test
Enter password:    # パスを聞かれるので設定する
Verify password:   # 確認のためもう一度パスを入力

# 解凍
$ unzip test.zip
2009年11月12日

無題

・DBに格納するデータの細かいバグ取り
  ⇒ 波ダッシュ等の特殊記号の変換
  ⇒ コーテーションマークの除去 など

・情報のメールマガジン化
  ⇒ スポーツだけでなく、全カテゴリーに対応

・ユーザーにチェックを入れてもらうUIの作成
  ⇒ 後々、javascriptにて全チェック可能にする
   (参考:多くのチェックボックスを一括でまとめて操作する

・DBの設計変更
  ⇒ DBに入れるデータ型の変更を受けて、DBを変更
    以前はチェックONなら「1」、チェックOFFなら「0」としていたが、
    今回から、「jiken」「acccident」などの語句をDBに格納していく

・上記の変更を受けて、DBに格納するPHPをコーディング@途中
  ⇒ 大分類のメルマガ化はできてるので、小分類で送信できるようにする
    あとはこのプログラムをcronで回せばシステム的には動くはず

私も時間がないのでプログラム頑張ります。
・スタイルシートの適用
・教育系の情報の収集先の充実

2009年11月05日

PHP+MySQLでユニークキー設定に重複した値を入れたいとき

MySQLにデータを INSERT する時に、エラーが出てPHPが止まった。
ERROR : Duplicate entry 'http://hogehoge.com' for key 2

調べてみたらこのエラーは、
入れようとしてる値のカラムはユニークな設定にしてるみたいだけど、どうやら重複してますよ〜
ということらしい。
つまり、重複するのは入れちゃダメ!っていう欄に、重複するものを入れようとしていると。

で、その対処法なんですけど。
重複している場合に自分がやりたいこととしては、
「重複してないものは普通に INSERT して、重複してたら UPDATE する」ということ。

調べてみたら、REPLACEで実現できるらしい。(参考:floatingdaysさん)
# 構文
REPLACE INTO ...

# 使い方例
REPLACE INTO tablename(id, url) VALUES(2, 'http://hogehoge.com');


2009年11月02日

nkfの大きなお世話

諸事情でメールのデータを溜めたテキストファイルをテキストエディタで編集した。
その後、txt2csv , csv2mysql にかけてデータベースに登録したんだけど、MySQLの中身が文字化けに…。

これはきっとテキストファイルで編集したから、
文字コードがutf8に変わっちゃったんだな〜と思って(途中までは JIS で扱っているんです)、
nkf を使って文字コードを JIS に治したんです。
いや〜、文字化けに関しては対処法がすぐ浮かんでくるな〜成長してんな〜とか思いながら。

そしたら!
ほぼ文字化けは治ったんだけど、どうにもメールの件名の部分だけ文字化けが治らない!
だめじゃん!ぜんぜん成長してないじゃん!泣

という訳で、 nkf をかけた後のテキストファイルの中身を確認してみたら…

自動的にMIMEデコードされてやんの…orz
どうやらデフォルトではMIME解読もかかるみたいですね。

つまり、nkf でMIMEデコードして、更に自分のコードで二重にMIMEデコードしてたんですね。
まぁ一回 nkf かけたファイルは、自分のコードを動かす時にデコード部分をコメントアウトしてやればいいんですが、いちいち面倒なんだよねー。

で、調べてみたら、-m0 をnkfのオプションとして付けてやれば、デコードされなかったらしい。
まぁもう後の祭りなんですけどー。