2010年01月21日

CentOSでキーボード設定が日本語じゃないときの対処法


別の CentOS のバックアップからもう一台同じものを復元して、
マシンのコピーを作ったんだけど、日本語入力がおかしい。

症状は、

・「全角/半角」キーを押すと「’」が入力される
・「Alt」+「全角/半角」キーで、日本語入力になる
・「@」キーを押すと「 「 」が入力される

などなど。
つまるところ、キーボード設定が US になっている。

そんな時は以下の2点を確認するとよい。

1. /etc/sysconfig/keyboard
 KEYTABLE="jp106"  # USになってたら訂正

2. /etc/X11/xorg.conf
 Option "XkbModel" "jp106"  # pc105とかになってたら訂正
 Option "XkbLayout" "jp"   # usになってたら訂正

ちなみに私の場合は、xorg.confの設定がおかしかった模様。
直ってよかったー。


コメント

VMplayerにcentOS5.6(32bit)を入れたのですが1.の方法で無事なおせました。
情報ありがとうございます。

2の方法でいけました~~
ありがとうございます!

VMware Workstation8 にCentOS5.7を入れたのですが、上記2つとも設定してみたが治りません。
自分の場合は原因がVMwareの方かもしれないですね。他の方法を探してみます。
ありがとうございました

VMware Playerに入れたCentOS5.5がまさにこの状態になっていました。

1,2両方共us設定になっていましたが、変更して再起動かけたら日本語キーボードになりました!

ありがとうございました。

コメントする