2012年2月アーカイブ

this that.png

ダウンロード→文字隠し&めくり

黄色で隠しているところがとれて、文字が出てきます。
これを基本スライドにして、文字を隠して、めくると出てくるいろいろなスライドを作れます。


文房具画像.png
ダウンロード→ 文房具
英語ノート1 「Lesson7クイズ大会をしよう」 
この単元では、箱の中に隠して当てる活動をよくします。
教室にある物で身近なものは文房具です。
文房具の言い方を覚えるときにこのパワーポイントを使います。
キーワードゲームと組み合わせても使えます。
絵をクリックすると絵が拡大アップします。
もう一度絵をクリックすると、最初の画面に戻ります。
絵の外側をクリックすると、拡大した絵から次の拡大した絵に変わります。
赤い「もどるボタン」は、最初の画面に戻ります。
青い「矢印ボタン」は、何と言うか?一旦静止画面を挟むスライドに飛びます。
文房具のチャンツや歌などを聞かせるときに使えます。

iPadでは、手に持ちながらタッチし、フラッシュカードのように次々に見せて音声を聞かせます。
穴が空いているスライドでWhat's this?のクイズ
Mask pic.png

ダウンロード→穴隠しスライド

これは、そのまま使うというよりは、これを使い回して使うための基本スライドです。
茶色のマスクをかけて、穴から見えるものを予想します。
穴が大きくなったり、穴の数が増えたりして、だんだん分かってきます。
後ろの写真を取り替えれば、いろいろな教材で使えます。
取り替える時は、ずらして写真を入れ替えます。

iPadでは、What's this?のチャンツを貼付け、音声を聞かせながら、拡大して見せたり、移動させて見せたりします。

みんなですごろくパワーポイント
sugoroku pic.png
ダウンロード→みんなですごろく
5年生の英語ノート1最後の方にあるすごろくです。すごろくをクラスみんなで一緒にやる発想です。
それぞれグループでやると、適当にやってしまいますので、
先生がインプットを入れながら主導権をにぎり、みんなで楽しめるようにしています。

やり方
①英語ノートのすごろくのページを開く。パワーポイントを映す
②全員ですごろくをやることを知らせる
③サイコロをふる
④出た目の数だけ、スライドを進める
⑤スライドの命令をやる
⑥ただ一つ、枝分かれの命令がある。このときは、先生とみんなでジャンケンをして、勝った数、負けた数の多い方に進める
⑦最後のゴールは、ぴったり止まらないとゴールにならない。ゴール付近で何度も行ったり来たりしながらゴールする。
※ゴールするとみんなで喜べる

iPadのスライドでは、音声を貼付け、ネイティブ音声を鳴らして確かめながら真似をさせて言わせる活動を取り入れています。


このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。