2015年3月アーカイブ

キーワードゲーム
この単元は、たくさんの職業の英語表現が出てきます。
これらの単語に慣れ親しませるために、キーワードゲームを行っています。
①消しゴム取り
 ペアになり、二人の間に消しゴムを置き、キーワードを聞いたら消しゴムを取る。
②ドッグとボーン(犬と骨)
 ペアになり、犬と骨の役割を決める。犬は右手で口の形を作り、骨はグーにする。グーを包むように口をセットし、キーワードを聞いたらグーの手を掴む、または逃げる。
③イソギンチャクキャッチ
 4、5人で輪になる。左手は大仏様のように手の平を上に向けて構え、右手は人差し指を隣の人の左手の真ん中に立てる。キーワードが聞こえたら「指を閉じる」「指を上に逃げる」を同時に行う。指を触られたらイソギンチャクの毒でしびれる、というゲーム。
職業の絵.jpg
いろいろなキーワードゲームがあります。
そこに、チャンツを流しながら行っています。
チャンツを流しながら、キーワードのカードを選ぶ。
チャンツを流してから途中で止め、職業の音声を流す。
「I want to be 〜◯◯◯.」「I want to be 〜◯◯◯.」と最初にI want to beをつけて行う。
「What do you want to be?」と言ってから、職業の単語を言う。
児童に「What do you want to be?」と言わせて、「I want to be 〜◯◯◯.」と言って行う。

キーワードゲームだけだと、もったいないので、質問のフレーズや答え方のフレーズも徐々に入れながら聞かせて楽しんでいます。慣れてきたら、児童にも言わせながらキーワードゲームをしています。
また、firefighterとfloristとfarmer, singerとsoccer、bakerとvetとbus driverなど、わざと紛らわしい出だしの音の単語を何度もしつこく聞かせて楽しませます。そうすると、音の違いを聞き分けたり、区別するコツを発見したりしながら発音に興味を持たせています。


3月21日(土)D-project 春の公開研究会が開催されます。
場所:六本木ヒルズ 定員60名
ポスターセッションでタブレット端末英語活用プロジェクトの実践を紹介します。

http://www.d-project2.jp/kantou/2015/

プログラム

9:20 ~

受付開始

10:00 〜 10:30

1. オープニングトーク

中川一史(D-project会長/放送大学)

10:30 〜 11:20

2. 基調講演

映像メディアのもつインパクト

宇治橋祐之(NHK放送文化研究所)

11:30 〜 12:20

3. プロジェクトポスターセッション

コーディネータ:
山中昭岳(D-project副会長/関西大学初等部)

《1回目》

デジタルリーフレット:
菊地 寛(浜松市立三ヶ日西小学校)
ユネスコ:
水谷浩三(D-project副会長/学校法人暁学園暁小学校)
ネットdeカルタ:
上 太一(鎌倉市立山崎小学校)
情報の比較・分類力育成:
岩崎有朋(D-project副会長/鳥取県岩美町立岩美中学校)

《2回目》

デジタルストーリーテリング:
宮城 渉(北谷町立北谷中学校)
フォトポエム:
石田 年保(松山市立八坂小学校)
国際協働学習の設計と評価:
清水和久(金沢星稜大学)
タブレット端末英語活用:
栄利滋人(仙台市立大野田小学校)
12:20 ~13:40

昼食

12:25 ~

午後の受付開始

13:40 ~ 15:50

4. ワークショップ

4-1
募集人数33名
模擬授業①:
小林祐紀(金沢市立安原小学校)
模擬授業②:
楠本 誠(三重県松阪市立三雲中学校)
4-2
募集人数12名
学級歌づくり:
山本直樹(D-project副会長/京都市立桂徳小学校)
菊地 寛
4-3
募集人数15名
自作教材用動画作成:
永野 直(千葉県立袖ヶ浦高校)
前田康裕(D-project副会長/熊本市教育センター)
15:50 ~ 16:15

5. 賛助会員アピールタイム

司会:
水谷浩三
16:15 ~ 17:15

6. パネルディスカッション

「タブレットを活用したメディアで表現する授業づくり」

コーディネータ:
中橋 雄(D-project副会長/武蔵大学)
パネリスト:
豊田充崇(D-project副会長/和歌山大学)
加藤悦雄(北海道北広島市立双葉小学校)
岩崎有朋
17:15 ~ 17:30

7. クロージングトーク

佐藤幸江(D-project副会長/金沢星稜大学)

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。