2017年4月アーカイブ

外国語活動の授業の導入でこの時期に行っている活動を紹介します。
活動の中心としている考え方は「聞かせる活動」です。

「No, No, Yes!」
1 挨拶でNo, No, Yes!

Good morning every one,
 Hello every one,
Good afternoon every one,
Good evening every one,
Good night every one,

これらの挨拶表現を毎時間聞かせる活動をします。
まず、太陽の位置に合わせて挨拶を聞かせます。
紙皿太陽を作ります。
紙皿マグネット.jpg


Good morning every one,
黒板〜朝.jpg
 Hello every one,
黒板〜午前.jpg
Good afternoon every one,
黒板〜午後.jpg
Good evening every one,
黒板〜夕方.jpg
Good night every one,
黒板〜夜.jpg

太陽の位置と挨拶が合っていれば「Yes!」
合っていなければ「No!」
と動作付きで反応します。
『No, No, Yes!』
太陽を朝の位置に貼って、
先生:Good night every one,
児童:「No!」
先生:Good afternoon every one,
児童:「No!」
先生:Good evening every one,
児童:「No!」
先生:Good morning every one,
児童:「Yes!」

この活動を毎時間繰り返すことで、表現に慣れてきます。
できればこの表現の音声を、ネイティブ音声で聞かせることでインプットの質を高めることができます。
挨拶は、子供たちも覚えていそうだから大丈夫、と簡単に考えずに、インプットをたくさん与えていくことが大切です。
午後は「Good afternoon」と言います!と教えるのではなく、太陽の位置で音声を聞かせながら考えさせる回数を増やすことで覚えていくという仕組みです。
もし普通の授業の流し方で午前中に英語の授業があれば、Good morningの挨拶だけしか授業で行いません。
No,No,Yes!は、「No!」と言わせながら、全ての表現を必ず聞かせることが出来るところがいいところです。



このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。