英語表現の導入1

| コメント(0) | トラックバック(0)
三位一体アクション

単元で扱う単語や基本表現を覚えるには時間がかかります。
逆に言えば、英語表現に触れる回数を多くすると理解しやすくなります。
そこで、英語表現の導入によく使うアクティビティが三位一体アクションです。
これは、発話せずに、聞かせるアクティビティです。
音声を聞いて、それに動作で反応する、しかもグループで一緒に反応する活動です。
すぐに言わせるのではなく、表現を聞いて動作で反応することで、そのイメージや意味と音声を結びつけていきます。
音声を聞いて動作をする活動はTPRの考えに結びつく活動でもあります。
これを続けていると、音声を聞いてすぐに反応するようになり、やがて発話するようになります。
「この英語はこんな意味ですよ」と教えるよりも、音声を聞かせて反応させる方が良く覚えることにつながるようです。
オーストラリアでオール日本語で授業をした体験が参考になるので紹介します。
オーストラリアの小学校での実践

これからの単元であれば、
Hi friends!1の How are you? I'm fine.
                       I like apples. Do you like baseball?

Hi friends!2の Can you swim? 
などで使っています。
必ず3人じゃなくてもできます。
4人の時は、両脇と中にいる2人で動作を変えるようにして行います。
5人の時も、両脇と中にいる3人でできます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1964

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sakariが2017年5月 5日 06:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外国語活動、授業の導入」です。

次のブログ記事は「デジタル教材を使う授業「マッチングカード」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。