後ろ向き映画館

| コメント(0) | トラックバック(0)
インフォメーションギャップを使った定番アクティビティ「後ろ向き映画館」をまた紹介します。
ペアでじゃんけんをし(3人でも可)、負けた方が後ろ向きになって映像を見れなくなり、もう一人が映像を見てその内容を伝える活動です。
「後ろ向き映画館」⬅(実践のまとめ)
Hi friends!のデジタル教材にある映像を使います。
ここで、デジタル教材の
映像と音がずれる問題の修正方法を紹介します。
以前は、話題になったのでみんな知っていたことですが、
若い先生方が初めてデジタル教材を使うようになってきて、
音と映像のずれに困っている場面が続出しているようなので、修正方法を教えます。

ページをめくっていくと、ピンク色の
▷ロールプレイングスキット
という表示が出現します。
これををクリックすると動画クリップが出てきます。
どれでもいいので一瞬動画を再生します。
一瞬でいいです。
これだけです。
この後に映像やチャンツを再生するとずれがなくなります。
チャンツを聞かせようとしたら、
アニメーションがゆっくりになったり、固まったり、
遅れたりする現象がこの方法で治ります。
授業の前に、ロールプレイングスキットを再生しておけば
授業で正常に動いてくれます。

後ろ向き映画館では、見た映像を伝える・聞くという活動が中心ですが、
日本語で行わせています。本当は、英語で伝えられるようにしたいのですが、
英語では難しいのが現状です。
そこで、後ろ向き映画館で簡単なアウトプットを促すアイデアを紹介します。
「映像を止める後ろ向き映画館」
映像を流し、途中で止めます。
先生:What color do you see?
見ている児童:red, white, blue....
先生:What shape do you see?
見ている児童:square, circle,rectangle....
また映像の続きを見せた後止めて、
先生:How many 〜(are there) ?
先生:Can you do this?
見ている児童:Yes, I do .(Yes, I can.)  No, I don't.(No,I can't.)
先生:What do you see?
こんな風に児童が知っている表現や単語量に合わせて先生が質問して児童が答える活動を取り入れるとアウトプットにつなげていくことができます。
これを積み重ねていけば、質問の表現やひとまとまりの音声をインプットすることになり、やがて児童同士で質問し答えるアウトプットの活動につなげていけると思います。

 
 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1969

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sakariが2017年6月25日 19:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おもち数字」です。

次のブログ記事は「小学校英語で注目の文字指導のワークショップ7月26日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。