小学校英語で注目の文字指導のワークショップ7月26日

| コメント(0) | トラックバック(0)
Jolly Phonics7:26.jpg


7月26日(水)に文字指導のワークショップがあります。
小学校英語の教科化となる流れの中で,文字指導に関心が高まっています。
どのように文字指導を行ったら効果的なのか?
どのような教え方があるのか?
イギリスの小学校で英語の読み書き向上のための取り組みを現地で体験し、
現地の小学生の読み書きの向上に効果が有る教え方を日本でも帰国の度に紹介している山下桂世子先生のワークショップが教員向けで行われます。
いつも有料で満席になるワークショップですが,学校指導者向けに開催する大変貴重な機会です。
しかも、無料です。
昨年、仙台で行われた2日間のワークショップに参加し、この文字指導であれば学級担任が教えることができるかもしれない、と直感的に思いました。
もっと詳しく学びたいと思い、横浜でのワークショップにも参加し、その指導法を学んで授業に取り入れるようになりました。
ローマ字読みだった6年生も、一文字一文字で音を出していくことに慣れだんだん文字を読もうとするようになっていきます。
私も教室で実際に行っている実践を現場で実際にどうのように行っているかを午後から紹介します。
文字指導は、いろいろな実践があるようですが、その中の一つとしてお勧めです。
先着40名のようです。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1970

コメントする

このブログ記事について

このページは、Sakariが2017年7月 2日 20:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後ろ向き映画館」です。

次のブログ記事は「タスク・ベースの英語指導―TBLTの理解と実践」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。