英語ノート1の最近のブログ記事

すごろく.jpg

英語ノート時代に作ったパワーポイントの実践。
まとめのこの時期に使えるかもしれません。

大きなサイコロを用意して、振ります。
パワーポイントの画面をサイコロの出た数の分進めます。
そして、その指示に従って英語で何かを言ったりやったりします。
それだけです。シンプルです。
学級のみんなでやるには、それに工夫を加えます。
例えば、
グループごとに出させて、サイコロを振ってグループでやらせて、
すぐ次のグループに移っていき、
次のグループがどこまで進めるかを期待しながらやります。
このように全体でゴールを目指すようにすると一体感が生まれます。
英語ノートの時よりも進んでいるので、
レベルアップした表現を入れた方がいいかもしれません。



こちらもどうぞ!
教材にはPassWordが設定されています。
小学校英語イラスト倉庫はじめました! 

英語ノート時代に行っていた活動を紹介します。

アクティビティ「テレパシーアルファベット」 
心の中にアルファベットの1文字を決めて、話をしないで同じ文字を思っている人を見つける活動。 
プロジェクトアドベンチャーにあるアクティビティをアレンジしています。
プロジェクトアドベンチャー(PA)は、私の学級経営の理念とも結びついている大切な手法です。
PAのアクティビティは、学びがあるのでたくさん活用しています。
 
この活動にアルファベットの歌を入れながら行います。 
使った曲は、英語ノートのアルファベットの歌 
NHKの「エリックと英語で遊ぼう」の本(アルク)のCDのアルファベットの曲(フォニックスが入っている) 
Let's sing Let's chant オックスフォード出版のアルファベットソング 
これらの曲を流しながら、文字を決めさせたり、同じ文字の人をさがさせたり、曲の中でそのアルファベットが聞こえたら素早く立たせたりして楽しみました。 
6年生でもアルファベットが苦手な子は結構います。 
曲に慣れ親しんでから英語ノート2のアルファベットの活動をさせました。 

アルファベットの文字探し、をzoom,rezoom機能があるPreziにまとめてました。後半は、内容もまとめてます。 
どこに、どのアルファベットがかくれているかを見つけやすくなります。 
先生が事前に覚えたり、子供に確認させたり、覚えさせて、曲に合わせて素早くポイントさせたりすると夢中になります。 
Preziでまとめたものはここにあります。 
      ↓ 
http://prezi.com/butepllrzvv4/ 

最初にダウンロードのようなことをするので、ちょっと時間がかかるかもしれません。 
▷のplayボタンをクリックすると、見ることができるはずです。
こちらもどうぞ!
教材にはPassWordが設定されています。

小学校英語イラスト倉庫はじめました!


英語ノート時代に楽しんでいた活動の記録があったので紹介します。
4年くらい前に、ユニクロのCMを数の学習に使いました。3ケタから1000までの言い方に慣れました。 
このCMは当時テレビでよく流れていたので覚えている児童が多く、6年生でも興味をもって数の活動に引き込むことができました。 
7ステップス、10ステップス、20ステップス、30、40、50,100ソングなど、英語ノートのCDも活用して、 
たくさん聴かせながら遊びました。 
CMソングを使ったので、勉強というよりはちょっとお遊び的な活動になっています。 
数は、覚えているからいいや、、と意欲が下がる児童もいますが、 
提示された数字を「リズムに合わせて言う」となると6年生でも挑戦欲が出てくるようです。 
全部言えるようになることを楽しむようになりました。 
これらの活動には、アクションも取り入れながらやっています。動作はとても大事だと思っています。 

活動の詳しい内容はここです。 
       ↓ 
http://prezi.com/5b4fp2lg-pny/ 

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、▷playボタンをクリックしてみてください。
穴が空いているスライドでWhat's this?のクイズ
Mask pic.png

ダウンロード→穴隠しスライド

これは、そのまま使うというよりは、これを使い回して使うための基本スライドです。
茶色のマスクをかけて、穴から見えるものを予想します。
穴が大きくなったり、穴の数が増えたりして、だんだん分かってきます。
後ろの写真を取り替えれば、いろいろな教材で使えます。
取り替える時は、ずらして写真を入れ替えます。

iPadでは、What's this?のチャンツを貼付け、音声を聞かせながら、拡大して見せたり、移動させて見せたりします。

みんなですごろくパワーポイント
sugoroku pic.png
ダウンロード→みんなですごろく
5年生の英語ノート1最後の方にあるすごろくです。すごろくをクラスみんなで一緒にやる発想です。
それぞれグループでやると、適当にやってしまいますので、
先生がインプットを入れながら主導権をにぎり、みんなで楽しめるようにしています。

やり方
①英語ノートのすごろくのページを開く。パワーポイントを映す
②全員ですごろくをやることを知らせる
③サイコロをふる
④出た目の数だけ、スライドを進める
⑤スライドの命令をやる
⑥ただ一つ、枝分かれの命令がある。このときは、先生とみんなでジャンケンをして、勝った数、負けた数の多い方に進める
⑦最後のゴールは、ぴったり止まらないとゴールにならない。ゴール付近で何度も行ったり来たりしながらゴールする。
※ゴールするとみんなで喜べる

iPadのスライドでは、音声を貼付け、ネイティブ音声を鳴らして確かめながら真似をさせて言わせる活動を取り入れています。


小学校英語のパワーポイント教材

英語ノート1 「Lesson9 ランチメニューを作ろう」
「超人気有名店のメニューを頼もう」という設定で楽しみます。
どんどん売れて、9個しかメニューが残っていません。
「グループで9個のメニューを考えて注文しましょう。」
※9このメニューを青い四角に隠す
(次のスライドを作るか、アニメーションで移動させるか、画面を隠してその場で移動させるか)

「青い四角の下にまだ注文できるメニューがあります」
「まだ、メニューが残っているといいですね」
という場面設定で行います。
What would you like?
I'd like 〜. の表現を使ってやり取りをしながら、
青い四角をめくってメニューを見せていきます。
注文したメニューがあると喜びます。
3枚めくったところで、残りの6つをもう一度予想して注文をします。
What would you like?
I'd like 〜. の表現を使ってやり取りをしながら、同様に楽しみます。
最後の3枚も再び予想させて同様にやり取りをしながら楽しみます。
What would you like?
I'd like 〜. の表現を何度も聞かせる、使わせることがねらいです。



文房具画像.png
ダウンロード→ 文房具
英語ノート1 「Lesson7クイズ大会をしよう」 
この単元では、箱の中に隠して当てる活動をよくします。
教室にある物で身近なものは文房具です。
文房具の言い方を覚えるときにこのパワーポイントを使います。
キーワードゲームと組み合わせても使えます。
絵をクリックすると絵が拡大アップします。
もう一度絵をクリックすると、最初の画面に戻ります。
絵の外側をクリックすると、拡大した絵から次の拡大した絵に変わります。
赤い「もどるボタン」は、最初の画面に戻ります。
青い「矢印ボタン」は、何と言うか?一旦静止画面を挟むスライドに飛びます。
文房具のチャンツや歌などを聞かせるときに使えます。

着せ替えオリジナル画像.png
ダウンロード→ 着せ替えお店
英語ノート1 「Lesson5 いろいろな衣装を知ろう」
お店でやり取りする場面で使います。
パワーポイントをスライドショーではなく、制作途中の画面のまま使います。
最初は隠しているので、色などのやり取りに必然性が生まれます。
クローゼットを動かすと、いろいろな色のTシャツが出てきます。
靴やパンツ、靴下を見せて、好きな色を聞いて答えることができます。
また、服を男の子の上に移動させて合わせ、サイズを尋ねて、大きくしたり小さくしたりできます。
Do you have 〜?
Yes,I do. No, I don't.
What color do you like?
How big? How size? small, medium, large.

iPadでは、会話のやり取りのネイティブ音声をいくつか貼付けて、会話に合わせて音声を鳴らし、真似をさせて買い物を楽しませます。





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち英語ノート1カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHi friends! 2です。

次のカテゴリは英語ノート2です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。