ブッククラブのすすめ1

BookClub写真.jpg
英語に関係ないようでとても関係ある国語の実践です。その理由については後ほど!

国語の授業で何かもっと本質的なもの、ためになるもの、面白いものはないかなぁ...
そんな中で、私のアンテナにひっかかったものがありました。
それは、読書活動の取り組みです。
読書活動に様々な実践があります。
いろいろ試してみましたが、今も続けているのがブッククラブです。
5年前から試行錯誤で始めましたが、この活動は子供たちが確実に成長する活動だと思っています。
「ブッククラブ」という言葉にはいろいろな定義があるようです。
子供たちにもイメージしやすい言葉の響きとして「ブッククラブ」を使ってきたので、
自分の実践に限定した狭義の意味で「ブッククラブ」を使っています。

スタートは5年前に行った実践です。
6年生の後半4ヵ月ほどの実践ですが、これはやりがいのある活動だ!と確信し、
毎年取り組んでいます。
5年前に行った最初の実践をまとめたもの(Preziを読み込むのに少し時間がかかります)
http://prezi.com/f9bn52zmazyf/book11/
http://prezi.com/jfiewpv05z_-/book22/
http://prezi.com/ql8drugaqvq2/book33/

まだまだ初期のつたない記録です。

ブッククラブのスタートの流れ

読み応えのある、評判の、賞をとっている、ドラマ化映画化された、
高学年が読んで面白かった!感動した!考えさせられた!と思える本を集めます。

本の表紙カバーや帯の紹介文を読んで聞かせ、その本の面白さや凄さをアピールします。

黒板に本の名前を書き、読みたい本を選び名前プレートを貼り、4人程のグループを作ります。

付箋で5つに仕切りをつけます。

ノート1冊をグループに渡します。
先を読んではいけないルール、本の題名、メンバー、めあて、5つの区切りを書きます。

ここまで準備で1時間です。そして、スタート!


ブッククラブの時間は、読む時間ではありません。
読んできたところについて、話し合う時間です。
ということをしっかり伝えておきます。

仕切り1の部分を全員が読み終わったら、
ブッククラブをします。
下記の活動を一つずつ教えていきます。
1時間の活動を終えたら、次を読ませ、また、、、と毎時間増やしながら教えていきます。
①あらすじを話し合う
(マインドマップのように言葉でつなぐ)
②一言感想(1の部分を読んでどうだった?)
③予想屋(次はどうなると思う?)
④言葉集め職人(言葉を集める)
⑤質問屋(読んだところについて質問をする)
⑥つなぎ屋(自分の経験と本とをつなぐ)
⑦振り返って感想を書く。

これらの活動で、本を読み終えた達成感やグループで話をする楽しさを感じ、
読書への興味関心が高まっていくことが伝わってきます。













トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/1051

コメントする

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。